HOME > 最新情報 > SU News > 2017年 > 冬季アジア札幌大会で本学学生が公式通訳を務めます

SU News

2017.01.20

冬季アジア札幌大会で本学学生が公式通訳を務めます

BT8V1621.JPG

2月19日から26日にかけて開催される「2017冬季アジア札幌大会」で、本学学生7人が公式通訳を務めます。

今大会で公式通訳者としてデビューを果たす学生たちは、本学の熊谷ユリヤ教授(通訳・翻訳論、異文化コミュニケーション論)のゼミ生で、将来、通訳者や翻訳者を目指すための高い英語力を身に付ける「通訳翻訳エキスパートコース」に所属しています。

大会の公式通訳業務は多岐に渡り、競技運営だけではなく、選手村、式典、報道、輸送、医事など開催期間中のさまざまな場面で通訳業務を担います。そのため、公式通訳に適うスキルと資格を満たし、選抜試験を通過することが条件となります。この度、公式通訳を務める本学学生たちは、「競技運営通訳」と「VIP役員帯同通訳」の役割を担うことになっています。

 

本学の学生たちが、公式通訳者として活躍されることを期待しています。

 

冬季アジア札幌大会公式通訳を務めるのは以下の学生です(全員英語専攻所属)。

 

・下野 将司(3年)

・川原 俊之(3年)

・山本 勇次(3年)

・斉藤 靖大(3年)

・山内 悠多(3年)

・小蔵 風陽(3年)

・櫻井 伸次(2年)

 

英語専攻についてはこちらをご覧ください。

page top