HOME > 最新情報 > SU News > 2017年 > 札幌大学寄附講座「学生発案型授業~パラリンピック概論」を開講しています

SU News

2017.04.27

札幌大学寄附講座「学生発案型授業~パラリンピック概論」を開講しています

●2017paralympic.jpg

札幌大学では、学生発案型授業として「パラリンピック概論」を開講しています。

学生発案型授業とは、本学の教育改善活動(FD活動)における、「学生参加型FD(授業改善)」の取り組みのひとつであり、その一環の中で開講されることになったのが、「パラリンピック概論」です。

さらに、本学が2015年10月に「2020オリンピック・パラリンピック東京大会に向けて~北海道パラリンピックの最前線~」と題した講演会を開催したことを受け、「北海道オリパラの会」からの寄附による札幌大学寄附講座として2016年度から開講されています。

受講料は無料ですが、事前申込が必要となりますので、受講を希望される方は、下記内容をご確認のうえお申し込みください。

皆様のご参加、お待ちしております。

日程・曜日講時 5/24~7/19までの水曜5講時(16:20~17:50) ※6/7は除く
場所 札幌大学3号館3102教室 ※4講時の授業終了後の入室となります
定員 30名
担当教員 瀧元 誠樹(札幌大学スポーツ文化専攻 教授)
メイン講師 荒井 秀樹 氏(日本障害者スキー連盟 パラノルディックスキー日本代表チーム 監督)
授業概要 「パラリンピック」をテーマにして、障がい者スポーツに関する基礎的な知識を学び、パラリンピアンをゲスト講師に迎えて実態について聴き、「パラリンピック」の意味と課題について考え、自ら行動する力を得られるように取り組んでいく。
受講者 本学学生、一般市民・道民、企業研修生
寄附者 北海道オリパラの会(「2020東京オリパラの成功を支援する北海道の会・2026冬季オリパラの招致を目指す北海道の会」)
申込締切・方法 開講日の2日前までに、往復ハガキ・Eメール・FAXのいずれかで、下記事項をご記入のうえお申し込みください。
1.「パラリンピック概論受講申込」 2.郵便番号 3.住所 4.氏名(フリガナ) 5.年齢 6.電話番号 7.道民カレッジ受講生は「カレッジ 番号」
申込・問い合わせ先 〒062-8520 札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1
札幌大学インターコミュニケーションセンター:SUICC パラリンピック概論担当
TEL:011-852-9138 〈9:00~17:00(土・日・祝日を除く)〉
FAX:011-856-8268 Eメール:suicc@ofc.sapporo-u.ac.jp

【開講講座】

日程 講師 テーマ
第1回(5/24) 永瀬 充 パラスポーツの魅力と普及
第2回(5/31) 荒井 秀樹
村上 光輝(日本ボッチャ協会強化指導部長)
ボッチャの魅力と普及
第3回(6/14) 荒井 秀樹 パラスポーツの環境
第4回(6/21) 永瀬 充 パラスポーツとメディア
第5回(6/28) 荒井 秀樹 パラリンピックとアクセシビリティ
第6回(7/5) 吉田 栄次
(社会福祉法人クピド・フェア理事長)
パラスポーツを支える事業(仮)
第7回(7/12) 荒井 秀樹 パラリンピックを支援する企業の取り組み
第8回(7/19) 荒井 秀樹 2020年東京大会、2026年札幌招致に向けて
●IMG_4036.JPG
※4/26の授業の様子
●IMG_4024-001.JPG

page top