札幌大学   専任教員

HOME > 教員一覧・業績一覧 > 飯田 隆雄

教員紹介

■教員名

飯田 隆雄


■所属

札幌大学


■職名

教 授


■学位

博士(経済学)(京都大学)

 

■専門分野

理論経済学、金融論、マイクロファイナンス、公共政策、国際政策、地域おこし研究

 

■所属学会

日本経済学会、日本経済政策学会、日本金融学会、日本地域学会、パーソナルファイナンス学会、European Association for Research in Industrial Economics、他

【~2016年10月】

■研究活動

▼著書・著作

・『規制緩和と金融サービス産業』 みんなのことば舎、改訂第一刷、2008年12月、1頁~236頁、単著  

・『規制緩和と金融サービス産業』 みんなのことば舎、第一刷、2005年10月、1頁~223頁、単著

 

▼学術論文

・2016年3月15日(査読付)共著”Consumer’s comparison between local and imported organic products: a hedonic analysis of the Japanese table wine market”, Eurasian Business Review,Pulished online:15 March 2016 pp1-11. ISSN:20147-4281. .(Vincent Hoang, Takao Iida, Shigeru Matsumoto, Natsuki Watanabe, Clevo Wilson) http://link.springer.com/article/10.1007/s40821-016-0047-3

・2015年1月20日(招待論文)(共同)「パーソナルファイナンスと地域産業活性化のための産業施策-北海道のワイン産業振興策と6次産業化-」2014年 Webジャーナル パーソナルファイナンス研究 No.1, pp.7-15,(渡部なつ希、飯田隆雄) http://www.ibi-japan.co.jp/japf/bulletin/

・2015年1月(査読付)共著”The Impact Analysis of Regional Finance Policies-The Wine Industry inHokkaido Japan",Journal of Advanced Management Science, Vol.4, No.2. March 2016 pp.122-126. (Takao Iida, Natsuki Watanabe, Akira Kato)

・2014年10月“Market Pernetration of Imported Agricaltural Commoditiess: A Hednic Analysis of Japanese Wine Market”, 14th EBES Conference-Barceona PROCEEDING CD October 23-25, 2014. VOLUME 3, No.126.pp. 2174-2206.(Vincent Hoang, Takao Iida, Shigeru Matsumoto, Natsuki Watanabe, Clevo Wilson) 

・2012年10月(査読付)単著"Economic effects of the revised money lending business control and regulation law and the underground finance", Academic and Business Research Institute International Conference - Las Vegas 2012 October 4 - 6, 2012, Conference Proceedings:LV12086、pp.1-15. http://www.aabri.com/LV2012Manuscripts/LV12086.pdf.

・2012年10月(査読付)共著「資料安全規制における共同規制」『地域学研究』第42巻第2号、2012年10月、351頁~360頁(共同研究者:三野溝治、飯田隆雄).

・2012年3月(査読付)共著“Regulation in the Feed Legislation of the EU and Japan”, GLOBAL BUSINESS & ECONOMICS ANTHOLOGY, March 2012, pp.344-356.  ISSN: 1553-1392 (Koji Mino, Takao Iida)。

・2012年3月(査読付)共著 “Regulation Law and Regional Economic Effects”, GLOBAL BUSINESS & ECONOMICS ANTHOLOGY, March 2012, pp.283-295. ISSN: 1553-1392 (Takao Iida, Akira Kato, Makoto Okamura)

・2012年3月 (査読付)共著“The Promotion Policy of the Wine Industry in Hokkaido Japan”, GLOBAL BUSINESS & ECONOMICS ANTHOLOGY, March 2012, pp.307-310. ISSN: 1553-1392 (Natsuki Watanabe, Kanae Musha, Takao Iida、Akira Kato)

・2011年8月(査読付)共著「飼料安全法制における行程管理に関する考察-Better Regulation下のEU飼料安全法制との比較」『計画行政』第34巻第3号(通巻108号)計画行政学会125頁~130頁、(三野耕治、飯田隆雄)

・2011年3月 単独 「改正貸金業法の経済効果と地域経済」『経済と経営』(札幌大学経済・経営学会)第41巻2号 1頁~12頁

・2010年9月 (査読付)単著 “Economic Effects of National Government Policies - Regulation vs. Scatter-”,   Academic and Business Research Institute International Conference Orlando    2010,  Conference Proceedings: OC10031, http://www.aabri.com/OC2010AFE.html, pp.1-9.

・2010年5月 (査読付)共著 “The Ripple Effects of Genghis Khan Barbecue Cuisine on Hokkaido’s Economy”,Journal of Case Research in Business and Economics, Vol.2, pp.128-35. (Takao Iida, Akira Kato, Makoto Okamura, Takao Chiba)

・2010年3月 単著 「改正貸金業法の北海道経済への影響―2005年度~2008年度―」『総合研究』(札幌大学総合研究所)

・2009年10月 単著 「上限金利規制後の消費者金融サービス-北海道経済に及ぼした影響-」『2008年 消費者金融サービス研究学会年報』

・2009年6月 単著 ”The Consumer Credit Service after the Upper Limit Regulation of Interest Rates - Negative Ripple effects on Hokkaido economy -、” The 9th Hawaii International Conference on Business, Conference Proceedings pp.1714-21.

・2009年3月 単著「消費者金融サービス産業と地域経済-上限金利規制が北海道経済に及ぼした影響-」『地域と経済』第6号( 札幌大学経済学部附属地域経済研究所)、25頁~34頁

・2008年5月 共著 “Ripple effects of a Genghis Khan dish - Mongolian Mutton Barbecue - and the Hokkaido economy ”,The 8th Hawaii International Conference on Business, Conference Proceedings, pp.1714-21.@The Waikiki Beach Marriott Resort & Spa in Honolulu, Hawaii.( Co-presenters: Akira Kato, Makoto Okamura )

・2007年3月 単著「消費者金融サービスの今日的な課題」札幌大学経済・経営学会『経済と経営』第37巻2号 13頁~27頁

・2007年3月 共著「ジンギスカンの経済波及効果-北海道経済を中心にして-」『地域と経済』第4号(札幌大学経済学部附属地域経済研究所)、99頁~112頁(共同研究者:加藤 晃、岡村 誠)

・2006年2月 共著(査読付き)「産業政策における補助金と公共投資の財政効率性」『地域学研究』第35巻 4号 819頁~835頁(共同研究者:森 伸宏、岡村 誠)

・2005年9月 共著「ノンバンクと銀行の業務提携:貸出契約における情報生産の利益」『2004年 消費者金融サービス研究学会年報』 12頁~28頁(共同研究者:森 伸宏、井澤裕司、新海哲哉、岡村 誠)

・2005年5月 共著(査読付き) “On the Uniqueness of the Momentary Equilibrium in the Brock and Turnovsky Model」,” Journal of Economic Research,  Vol.10,  175頁~180頁(共同研究者:森 伸宏、岡村 誠)             

・2005年3月 単著「競争的市場の一考察」 『競争法の現代的諸相』信山社137頁~149頁

・2005年2月 共著「ノンバンクと銀行の業務提携:貸出契約における情報生産の利益」Research Paper Series No.04-013  立命館大学ファイナンス研究センター  1頁~18頁 (共同研究者:森 伸宏、井澤裕司、新海哲哉、岡村 誠)

・2004年3月 単著「エア・ドゥの全日空入り」 札幌大学経済学部附属地域経済研究所『地域と経済』No.1 97頁~101頁

・2003年3月 単著「内生的貨幣成長理論の一考察」札幌大学経済学会『経済と経営』第33巻4号 1頁~16頁

・2002年10月 単著「ソフトインフォメーションと経済成長」『郵便貯金委託研究報告書』北海道郵政局貯金部 59頁~116頁

・2000年3月 単著「貨幣成長理論の再検討-個人の予算制約に反映される政府行動を中心として-」 『政策危機の構図-新しい政策原理を求めて-』日本経済政策学会年報XLⅦ、No.48 69頁~72頁

・2000年3 月 単著「赤字財政と分権的成長モデルの問題点」 札幌大学経済学会『経済と経営』第30巻4号 81頁~98頁

・2000年3月 共著「日本の金融商品と金融制度-バブル崩壊以降の金融機関の現状と経済政策効果を中心として-」 札幌大学経済学会『経済と経営』第30巻4号 13頁~28頁 (共同研究者:岩堀洋士)

・1998年11月 単著「貨幣成長理論の再検討 - Sidrauskiモデルを中心としてー」 『南山経営研究』第13巻第2号 207頁~218頁

・1996年6 月 単著「合併や買収に関わるソフトインフォメーション開示とその経済効果」札幌大学経済学会『経済と経営』第27巻1号 1頁~42頁

・1992年9 月 単著「自由化された金融業務の経済分析」 札幌大学経済学会『経済と経営』第23巻2号 1頁~20頁

・1991年6 月 単著「金融商品の自由化と金融機関の競争」 札幌大学経済学会『経済と経営』第22巻1号 65頁~79頁    

・1990年6 月 単著「金融サービス業の経済性」 札幌大学経済学会『経済と経営』第21巻1号 51頁~74頁

・1990年3 月 単著「金融商品の自由化と金融機関の競争」 『経済体制の変容と政策課題-日本経済政策学会年報XXXIX-』No.39 153頁~157頁

・1990年2 月 単著「結合生産企業を含む産業組織と金融」 『金融学会年報』( 金融学会編)第69巻 128頁~132頁

・1989年6 月 共著「結合生産企業を含む産業組織と競争的市場」札幌大学経済学会『経済と経営』第20巻第1号 231頁~246頁 (共同研究者:飯田隆雄、飯原慶雄、田中栄一)

・1989年3 月 共著「結合生産企業を含む産業組織の分析―コンテスタブル市場理論的アプローチ」 『経済政策の「転機」と「争点」、戦後四十年の回顧と展望―日本経済政策学会年報XXXⅦー』No.37 128頁~132頁 (共同研究者:飯田隆雄、飯原慶雄、田中栄一)

・1989年1月 単著「貨幣経済における金融政策とその効果」 『金融学会報告』(金融学会編)第67巻 40頁~48頁

・1988年12 月 単著「アメリカ電気通信事業の実情」 札幌大学経済学会『経済と経営』第19巻第3号 141頁~149頁

・1988年6月 単著「結合生産企業と独占市場」 札幌大学経済学会『経済と経営』第19巻第1号 51頁~58頁

・1988年3 月 単著「貨幣経済における経済政策とその効果」 『経済発展のダイナミズムと福祉基準―日本経済政策学会年報XXXⅥ―』No.36(日本経済政策学会編) 51頁~58頁 (共同研究者:飯田隆雄、飯原慶雄、田中栄一)

・1987年12月 単著「貨幣経済における金融政策とその効果-個人完全先読み価格情報モデルを中心として-」 札幌大学経済学会『経済と経営』第18巻第3号  1頁~23頁     

・1987年9月 単著「貨幣経済における経済政策とその効果」 札幌大学経済学会『経済と経営』第18巻第2号 33頁~53頁

・1987年6月 単著「貨幣経済における最適均衡経路」 札幌大学経済学会『経済と経営』第18巻第1号 13頁~42頁

・1986年3 月 単著「Alternative Approaches to Inflation, Money and Growth」 『南山論集』第15号 経済・経営編15、 29頁~48頁

・1985年3 月 単著「Influence of the Price Mechanism in Growth Models, Under Two Different Types of Money Demand Functions」『 南山論集』第14号 経済・経営編14、1頁~19頁

・1982年5月 共著「Flow Equilibrium and Portfolio Adjustment  Costs in the Neoclassical Monetary Growth Model」 『アカデミア』経済・経営学編第74号(153集) 17頁~32頁 (共同研究者:早川弘晃、飯田隆雄)      

・1981年3月 単著「新古典派貨幣的成長理論における考察-価格決定メカニズムの分析と動学的安定分析を中心として-」 『南山論集』第11号経済・経営学編11 1頁~52頁   

・1980年12 月 共著「The Keynesian Proposition and a Simple 'Medium-Run' Dynamic Analysis: A Note」 『アカデミア』経済・経営学編第69号(142集) 1頁~16頁 (共同研究者:早川弘晃、飯田隆雄)

・1978年3月 単著「巨視的配分理論に関する一考察―「Pasinetti定理」と「双対定理」を中心とし―」『 南山論集』第8号経済・経営学編8 61頁~76頁

 

▼学会発表等

・2016年11月12日学会発表(共同)「パーソナルファイナンス関連法制における経済合理性の検証」『15周年プロジェクト研究発表【制度設計】②』桜美林大学(◎飯田隆雄、藤田哲雄、佐伯隆博、渡部なつ希)

・2016年7月7日学会発表(単著)"The Impact Analysisi of microfinance of the small Wine and Sake Industries, Japan", 29th B&ESI Conference, Ljubljana, Slovenia, July 6-9, 2016,  

・2014年10月24日学会発表(共同)“Market Pernetration of Imported Agricaltural Commoditiess: A Hednic Analysis of Japanese Wine Market”, 14th EBES Conference-Barceona October 23-25, 2014. .(Co-presenter:Vincent Hoang, Takao Iida, ◎Shigeru Matsumoto, Natsuki Watanabe, Clevo Wilson)

・2014年10月11日学会発表(共同)”The Impact Analysis of Regional Finance Policies-The Wine Industry in Hokkaido Japan", 2014 International Conference on Management Sciences and Innovations - ICMSI 2014 10th to 11th October 2014  Geneva, Switzerland  (Co-presenters:◎Takao Iida, Natsuki Watanabe, Akira Kato)

・2013年10月14日学会招待発表(共同)「パーソナルファイナンスと地域産業活性化のための産業施策-北海道のワイン産業振興策と6次産業化-」パーソナルファイナンス学会第14回全国大会,(2013年10月13日14日)`関西学院大学(◎渡部なつ希、飯田隆雄)

・2012年10月21日学会発表(共同)"THE REVISED MONEY LENDING BUSINESS CONTROL AND REGULATION LAW,"The 11th International Conference of the Japan Economic Policy Association 2012@Nagoya Gakuin University (Co-presenters:◎Takao Iida, Akira Kato)            

・2012年10月21日学会発表(共同) "A Study on the Role of Public and Private Feed Safety Control Systems in Feed Legislation,"The 11th International Conference of the Japan Economic Policy Association 2012@Nagoya Gakuin University (Co-presenters:◎Koji Mino, Takao Iida)

・2012年10月21日学会発表(共同) "The Development Policy of the Wine Industry in Hokkaido,"The 11th International Conference of the Japan Economic Policy Association 2012@Nagoya Gakuin University (Co-presenters:Natsuki Watanabe, ◎Kanae Musha, Takao Iida)

・2012年10月14日学会発表(単独)「改正貸金業法完全施行とヤミ金融」パーソナルファイナンス学会第13回全国大会@日本大学商学部

・2012年10月4日学会発表(単独) "Economic effects of the revised money lending business control and regulation law and the underground finance,"Academic and Business Research Institute International Conference Las Vegas 2012@October 4-6, 2012 Harrah's Hotel & Casino Las Vegas, Nevada.

・2012年5月10日学会発表(共同)”REGIONAL ECONOMIES AND ECONOMIC EFFECTS OF “THE REVISED MONEY LENDING BUSINESS CONTROL AND REGULATION LAW” ”,  9TH WORLD CONGRESS OF REGIONAL SCIENCE ASSOCIATION INTERNATIONAL, May 10, 2012, Regional Business Centre, TIMISOARA, ROMANIA ,(Co-presenters: ◎Takao Iida, Akira Kato).

・2012年5月10日学会発表(共同) ""THE FEED LEGISLATION OF THE EU AND JAPAN,"" 9TH WORLD CONGRESS OF REGIONAL SCIENCE ASSOCIATION INTERNATIONAL, May 10, 2012, Regional Business Centre, TIMISOARA, ROMANIA ,(Co-presenters: ◎Takao Iida, Koji Mino).

・2012年5月11日学会発表(共同) "ECONOMIC EFFECTS OF THE WINE INDUSTRY IN HOKKAIDO," 9TH WORLD CONGRESS OF REGIONAL SCIENCE ASSOCIATION INTERNATIONAL, May 11, 2012, Regional Business Centre, TIMISOARA, ROMANIA ,( Co-presenters:◎ Natsuki Watanabe, Kanae Musha, Takao Iida, Akira Kato).

・2012年1月7日学会発表(共同)”The Promotion Policy of the Wine Industry in Hokkaido Japan”, Business & Economics Society International Coference 2012 @ Queenstown, New Zealand (Rydges Lakeland Resort) (Co-presenters: ◎Natsuki Watanabe, Kanae Musha, Takao Iida, Akira Kato)

・2011年7月9日学会発表 (共同)""Regulation Law and Regional Economic Effects-Economic Effects of the Revised Money Lending Business Control and Regulation Law and Regional Economies-,"" Business & Economics Society International Coference 2011 @ Split, Croatia (Co-presenters:◎Takao Iida, Akira Kato, Makoto Okamura)

・2011年7月6日学会発表 (共同)"Regulation in Feed Legislation of EU and Japan," Business & Economics Society International Coference 2011 @ Split, Croatia (Co-presenters: Koji Mino, ◎ Takao Iida)

・2011年5月29日学会発表 (共同)”National Government Policies and Economic Effects - National Economy vs. Regional Economy,” The 11th Hawaii International Conference on Business,@The Hilton Waikiki Prince Kuhio Hotel in Honolulu, Hawaii. (Co-presenters:◎Takao Iida,  Akira Kato,  Makoto Okamura)

・2011年5月29日学会発表 (共同)"Co-Regulation in Feed Legislation - EU vs. Japan," The 11th Hawaii International Conference on Business,@The Hilton Waikiki Prince Kuhio Hotel in Honolulu, Hawaii. (Co-presenters:Koji Mino,◎Takao Iida)

・2010年10月10日 学会発表 (共同)「経済波及効果の地域間格差-北海道と大阪のケース-」『日本地域学会』第47回(2010年)年次大会(政策大学院大学)(◎飯田隆雄、加藤晃、三野耕治)

・2010年10月10日 学会発表 (共同)「EU 飼料安全規制における共同規制について」『日本地域学会』第47回(2010年)年次大会(政策大学院大学)(◎三野耕治、飯田隆雄)

・2010年10月2日 学会発表 (共同)「改正貸金業法と日本のGDP」『パーソナルファイナンス学会』第11回全国大会(札幌大学)(◎加藤晃、飯田隆雄)

・2010年9月24日 学会発表“Economic Effects of National Government Policies - Regulation vs.  Scatter -,” Academic and Business Research Institute International Conference Orlando 2010

・2010年9月10日 学会発表 (共同)「新規制が及ぼす地域経済への影響―人口減少地域と改正貸金業法―」『日本計画行政学会』第33全国大会(札幌大学)(◎飯田隆雄、加藤晃、山田玲良)

・2010年9月10日 学会発表 (共同)「EU飼料安全法制におけるBetter Regulation」『日本計画行政学会』第33全国大会(札幌大学)(◎三野耕治、飯田隆雄)

・2010年5月28日 学会発表 (共同)“Regional Economic Effects of National Government Policies-Hokkaido Case-,” The 10th Hawaii International Conference on Business,@The Hilton Waikiki Prince Kuhio Hotel in Honolulu, Hawaii.(◎Takao Iida, Akira Kato, Makoto Okamura,Takao Chiba )                               

・2009年10月12日学会発表(共同)「国家政策の地域経済波及効果-北海道のケース-」『日本地域学会』第46回(2009年)年次大会(広島大学)(◎飯田隆雄、加藤晃、山田玲良、千葉隆生)

・2009年9月14日 学会発表(単独)「上限金利規制が与えた地域経済への影響とその後 -北海道経済のケース-」『パーソナルファイナンス学会』第10回全国大会(早稲田大学)

・2009月9月12共同「中央の政策が地域に与える影響について-経済波及効果と雇用効果の分析-」『2009年全国大会 日本計画行政学会』(共同発表者:加藤 晃、岩堀洋士)

・2009月6月15単独 The Consumer Credit Service after the Upper Limit Regulation of Interest Rates  - Negative Ripple effects on Hokkaido economy - The 9th Hawaii International Conference on Business,

・2008年11月22日 単独「上限金利規制後の消費者金融サービス」『消費者金融サービス研究学会』(拓殖大学)

・2008年5月25日 共同 “Ripple effects of a Genghis Khan dish - Mongolian Mutton Barbecue - and the Hokkaido economy ”,The 8th Hawaii International Conference on Business, @The Waikiki Beach Marriott Resort & Spa in Honolulu, Hawaii. ( Co-presenters: ◎Takao Iida, Akira Kato, Makoto Okamura )

・2007年12月8日 共同 “Ripple effects on Mongolian mutton barbecue and the Hokkaido economy”,The 6th International Conference of the Japan Economic Policy Association, @ Hosei University   ( Co-presenters: Akira Kato, Makoto Okamura )

・2004年10月17日 共同「ノンバンクと銀行の提携に関する理論的分析」『消費者金融サービス研究学会』(千葉商科大学)(共同発表者:岡村 誠、新海哲哉、井澤裕司、森 伸宏)

・2004年9月12日 共同「金融の過剰参入定理」 『日本金融学会』(愛知大学)(共同発表者:岩堀洋士)

・2004年9月11日 共同「産業政策における補助金と公共投資の財政効率性」『日本地域学会』(早稲田大学)(共同発表者:森 伸宏、岡村 誠)

・2004年5月29日 共同「中小企業と産業政策」『日本経済政策学会』(関西学院大学)(共同発表者:岡村 誠、森 伸宏)

・2003年9月20日 共同「地域経済と経済効果」『日本計画行政学会』(東北大学)(共同発表者:岡村 誠、飯國芳明)

・2000年5月 単独「公的資金注入のマクロ的政策効果」 『日本金融学会』(中央大学)

・1999年5月 単独「貨幣的成長理論の再検討」 『日本経済政策学会』(東海大学)

・1991年9月 単独「自由化された金融業務の経済分析」 『理論計量経済学会』(北海道大学)

・1990年10月 単独「金融商品の自由化と金融機関の競争」 『金融学会秋季大会』(広島大学)

・1990年5月 単独「金融自由化と金融機関の競争」 『日本経済政策学会第47回大会』(同志社大学)

・1988年10月 単独「結合生産企業を含む産業組織と金融」 『金融学会秋季大会』(東北大学)

・1988年5月 共同「結合生産企業を含む産業組織の分析-コンテスタブル市場理論的アプローチ」『日本経済政策学会第45回大会』『日本経済政策学会第45回大会』

・1987年10月 単独「貨幣経済における金融政策とその効果―個人の完全先読み価格情報モデルを中心として―」 『金融学会』(名古屋大学)

・1987年5月 単独「貨幣経済における経済政策とその効果」 『日本経済政策学会』(広島経済大学)

・1986年11月 単独「貨幣経済における最適均衡経路」 『理論計量経済学会』(名古屋大学)

・1985年6月 単独「貨幣需要関数と経済成長」 『理論計量経済学会関西部会』(大阪府立大学)             

 

▼その他の業績

(座長)

・2016年10月30日 学会発表(座長)"Money and Financial Policy(2)", JEPA2016, Oct.30.2016.

・2014年11月9日 学会発表(座長) "The Policy Effects of TPP agreements", " Closer economic relations between China and East Asia and the impact of fluctuations in the Chinese Shadow Banks",Plenary Session2, JEPA2014, Nov.9,2014. Ch. & Mod.Takao IIDA, Speaker: Lirong Li, Discussant: David Flath, Tetsuo Fujita.

・2013年10月26日学会発表(共同)“Attitude to be taken by Japan and the global strategy of the EU after the TPP was agreed”,“Smart Regulation for Sustainability”, Plenary Session 2, JEPA2013, Oct.26, 2013. Ch. & Mod. T. Iida, Co-Mo. K.Mino, Symp. K.Sugiura, H.Ito. Y.Kiyota, S.Tada, N.Kimura and Yau-Kuen Hung.

 

(討論者)

・2016年7月9日学会発表(討論者)"Automation and Innovations in the Retail Industry"Ruddtable, 29th B&ESI Conference, Ljubljana, Slovenia, July 6-9, 2016.

・2015年10月24日学会発表(コメンテーター)「米国教育ローン市場の発展と課題、日本への示唆」宮本佐知子氏(野村資本市場研究所)発表のコメンテーター『日本金融学会2015年度秋季大会』(東北大学)

・2014年11月9日学会発表(コメンテーター)"Climate Change and Poverty: Reducing the vulnerability of the poor through Microfinance", Speaker: Ali Reza Talukder, Researcher, Aichi Gakuin University, JAPAN, Discussant: Takao IIDA, 13th JEPA2014@Meiji University.

・2014年10月4日学会発表(コメンテーター) 「NPO・地域・金融機関が連携するソーシャルビジネス支援」佐々木健介(NPO 法人 ETIC.)発表のコメンテーター『パーソナルファイナンス学会』(第15回全国大会)(上智大学) 

・2014年3月28日学会発表(コメンテーター) 「総量規制の市場絵の影響および、クレジット会社と貸金専業の利用者間における延滞実績の比較分析」樋口大輔氏(東京情報大学)伊藤幸郎氏(東京情報大学大学院)発表のコメンテーター『パーソナルファイナンス学会』(東部部会)(早稲田大学)

・2013年9月21日学会発表(コメンテーター)「米国の高等教育資金形成制度の概要と日本への示唆」宮本佐知子氏(野村資本市場研究所)発表のコメンテーター『日本金融学会2013年度秋季大会』(名古屋大学)

・2012年10月21日学会発表(コメンテーター) "Estimating a Hybrid New Keynesian Phillips Curve for JAPAN,"Kazuhiko Nakahira (Tokyo University of Science, Suwa) 発表のコメンテーター The 11th International Conference of the Japan Economic Policy Association 2012@Nagoya Gakuin University

・2012年10月14日学会発表(コメンテーター)「ヤミ金融市場における資金需要者の行動分析」堂下 浩氏(東京情報大学)発表のコメンテーター『パーソナルファイナンス学会』第13回全国大会(日本大学商学部)

・2011年10月9日学会発表(コメンテーター) "The Effects of Decenttralization on Economic Growth in the Tokai Region of Japan:Simulation in a Six-Period Overlapping Generations Model,"Yukiko Shindo (Yamaguchi Prefectural University), Hideki Kato(Nagoya Keizai University), Mitsuyoshi Yanagihara (Nagoya University), Tsuyoshi Shinozaki (Tohoku Gakuin University) 発表のコメンテーター In the 48th Annual Meeting of the Japan Section of the RSAI @Wakayama University

・2010年11月6日学会発表(コメンテーター) “The New Keynesian Phillips Curve for Japan― An Empirical Analysis ―,” Kazuhiko Nakahira (Tokyo University of Science, Suwa) 発表のコメンテーター The 9th International Conference of the Japan Economic Policy Association 2010   @Waseda University

・2010年10月2日学会発表(コメンテーター)「準双曲割引と自制問題」晝間文彦氏(早稲田大学)発表のコメンテーター『パーソナルファイナンス学会』第11回全国大会(札幌大学)

・2009年9月14日学会発表(コメンテーター)「心理学と行動経済学からみた多重債務者の特徴」嶋田美奈氏(早稲田大学大学院)発表のコメンテーター『パーソナルファイナンス学会』第10回全国大会(早稲田大学)

・2007年11月10日 学会発表(コメンテーター)「上限金利規制の是非に関する行動経済学的アプローチ」(早稲田大学商学部 教授 晝間文彦氏発表)のコメンテーター『消費者金融サービス研究学会』第8回全国大会(広島市立大学)

・2006年10月7日 学会発表(コメンテーター)「消費者金融サービスにおける信用リスクと金利の問題」(熊本県立大学総合管理学部 助教授 森 直哉氏発表)のコメンテーター『消費者金融サービス研究学会』第7回全国大会(大阪商業大学)

 

(研究ノート)

・2010年3月「改正貸金業法の北海道経済への影響(2005年度-2008年度)」札幌大学附属総合研究所『札幌大学総合研究』第1号

 

(競争的外部資金)

・2015年4月学術奨励金 研究代表者 単独「マイクロファイナンスによる地域活性化政策の理論的実証的研究」『平成27年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C))』日本学術振興会 課題番号15K03447 (2015年度~2017年度)

・2014年 学術奨励金 共同研究者 共同 「貿易自由化と環境配慮型農業」『(公財)アサヒグループ学術振興財団2014年度研究助成』(研究代表者:松本 茂、共同研究者:飯田隆雄)

・2012年10月学術奨励金 共同「パーソナルファイナンスと地域産業活性化のための産業施策-北海道のワイン産業振興と6次産業化」『消費者金融サービス研究振興会学術助成』(2012年度~2013年度)(共同研究者:渡部なつ希、飯田隆雄)

・2012年4月 学術奨励金 共同研究者 共同「地域資金循環・産業連関分析と地域応用一般均衡分析」『平成23年度科学研究費補助金 基盤研究(C)』日本学術振興会 課題番号2453023  (2012年度~2014年度) (研究代表者:加藤 晃、共同研究者:飯田隆雄、武者加苗、岡村誠)

・2011年4月 学術奨励金 共同研究者 共同「ベターレギュレーション制度の導入に伴う配合飼料産業地域経済-北海道のケース-」『平成23年度科学研究費補助金 基盤研究(C)』日本学術振興会 課題番号23530332 (2011年度~2013年度) (研究代表者:千葉隆生、共同研究者:飯田隆雄、駒木 泰、内山隆司)

・2009年4月 学術奨励金 研究代表者 共同「改正貸金業法が及ぼす消費者金融産業の構造変化」『平成21年度科学研究費補助金 基盤研究(C)』日本学術振興会 課題番号21530311(2009年度~2012年度) (共同研究者:加藤 晃、山田玲良)

・2007年7月 学術奨励金 単独「消費者金融サービス産業における上限金利規制の影響」『消費者金融サービス研究振興会学術助成』(2007年度~2008年度) 

・2005年4月 学術奨励金 研究代表者 共同「ノンバンクと銀行の戦略的提携に関わる理論的・実証的分析」『平成17年度科学研究費補助金 基盤研究(C)』日本学術振興会 課題番号17530247 (2007年3月まで)(共同研究者:岡村 誠、新海哲哉、井澤裕司、森 伸宏)

・2005年9月 出版助成 単独「規制緩和と金融サービス産業」『消費者金融サービス研究振興会出版助成』

 

(受賞)

・2006年10月7日 消費者金融サービス研究学会賞 受賞 受賞対象:『規制緩和と金融サービス産業』 みんなのことば舎 2005年10月 出版発表    

 

(出版物)

・2014年10月(共著)“Market Pernetration of Imported Agricaltural Commoditiess: A Hednic Analysis of Japanese Wine Market”, 14th EBES Conference-Barceona PROCEEDING CD October 23-25, 2014. VOLUME 3, No.126.pp. 2174-2206.(Vincent Hoang, Takao Iida, Shigeru Matsumoto, Natsuki Watanabe, Clevo Wilson) 

・2010年7月「改正貸金業法完全施行による名目GDP成長率は-0.98%、新規失業者は64万3650人に」『月刊クレジットエイジ』時事通信社Vol.367  10頁~11頁

・2010年7月 共著「不安つきまとう改正貸金業法の施行」『公明』(公明党機関誌委員会)2010年7月号 44頁~49頁 (共同執筆者:飯田隆雄、加藤 晃)   

・2010年6月(共著)「上限金利規制で6兆円の名目GDPが喪失」『週刊金融財政事情』(社)金融財政事情研究会 Vol.61,No.23 20頁~23頁 (共同執筆者:飯田隆雄、加藤 晃)

・2008年8月 共著「ジンギスカンの北海道経済に及ぼす効果」『調査レポート』北洋銀行調査部 2008・9月号(No.146)

・2002年10 月 単著「ソフトインフォメーションと経済成長」 『郵便貯金委託研究報告書』北海道郵政局貯金部

・2000年3月 共編『現代金融事情Ⅳ』 札幌大学経済学部(イエローページ)

・1998年2月 共編『現代日本の金融と金融機関―現代金融事情講義録第III集―』 (下)札幌大学経済学部

・1997年12月 共編『現代日本の金融と金融機関―現代金融事情講義録第III集―』 (上)札幌大学経済学部

・1997年3 月 単著「アメリカの実態とは」 『外国に住んで―日本と世界の再発見―』札幌大学

・1995年7 月 共編『現代金融事情-前期講義録第II集-』(上)(下)」 札幌大学経済学部

・1994年6月 単著「生命保険事業とスイッチングコストを前提とした顧客獲得競争」 『平成5年度学術振興助成事業報告書<研究・調査等成果概要集>』生命保険文化センター

・1993年9月 共編『現代金融事情―後期講義録―』 札幌大学経済学部

・1993年5月 共編『現代金融事情―前期講義録―』 札幌大学経済学部

・1992年11月 単著「デジタル通信網料金と北海道経済」 『平成3年度北海道科学研究費による研究報告(概要)』北海道企画振興部   

・1992年7月 共著「自由化の経済分析―金融業のケース―」 『SUGI-J92発表論文集』日本SASユーザー会

・1992年1月 単著「金融商品の自由化と金融機関の競争(要旨)」 『金融経済研究』(金融学会編)第2号 

・1991年11月 単著「移動体電気通信事業の料金体系と経済効果―自動車電話サービスを中心として―」 『平成2年度北海道科学研究費による研究報告(概要)』北海道企画振興部

・1990年12 月 単著「地域電気通信事業における最先端技術の現状―日本とアメリカのケース―」『学部共同セミナー』(調査研究報告書) 札幌大学経済学部、第1号

・1990年11 月 単著「電気通信料金の地域格差―北海道を中心として―」 『平成元年度北海道科学研究費による報告書(概要)』北海道企画振興部

・1990年3 月 共著「道内銀行の現状と未来図-北海道の4銀行を徹底解剖する-」 『クォリティ』第25巻、 第3号

・1989年3月 共著「競争的電気通信市場における料金体系の研究」 『研究調査報告書』(電気通信普及財団編)昭和61年度助成分

・1988年12月 単著「理想的な北海道創造のための諸条件を考える」 『北海道を探る』17

・1983年12月 共著「Flow Equilibrium of Money Price Dynamics and  Neoclassical Monetary Growth」 Working Paper Series No.83-138University of Georgia

 

■社会活動

▼公的社会活動

(学会)

・2008年12月~現在 パーソナルファイナンス学会 理事 (2012年10月~現在 常務理事)

・2001年5月~現在 日本経済政策学会 理事 (2013年国際会議プログラム委員会事務局長、 2014年5月~現在 国際会議プログラム委員長)

 

(審議会など)

・2012年10月~現在 平取町まちづくり政策アドバイザー (北海道沙流郡平取町)

・2002年7月~現在 NPO法人 ひつじのかい 代表・理事

・1997年4月~現在 (社)日本青伸会 理事 (2012年4月~現在 公益(社)日本青伸会)

・2014年5月〜2015年5月  札幌大学生活協同組合理事長

・2010年10月~2014年3月 (協)日本飼料工業会 アドバイザー

・2010年4月~2015年9月 (株)札幌債権回収 外部取締役

・2009年12月15日 貸金業制度に関するプロジェクトチーム事務局会議

・2005年10月~2006年3月 座長「官民連携ポータル・ビジネスモデル研究会」『官民ポータルに関する開発・実証事業』平成17年度官民連携標準策定事業 経済産業省

・2005年4月~2011年3月 NPO法人 日本時代衣裳文化保存会 理事

 

▼社会人学習

(北海道職員研修事業)

・2007年8月 「経済セミナー マクロ経済学」『北海道職員研修事業』

・2006年8月・12月 「経済セミナー マクロ経済学」『北海道職員研修事業』

 

▼その他

(出前講座:模擬講義)

・2013年10月18日単独「お金・経済の動きを探る職業」@北海道倶知安高等学校

・2012年11月9日 単独「お金・経済の動きを探る」@北海道倶知安高等学校

・2010年10月29日 単独「お金・経済の動きを探る」@北海道倶知安高等学校

・2007年11月7日 単独「我が儘と幸せ」@滝川西高等学校

page top