札幌大学   専任教員

HOME > 教員一覧・業績一覧 > 川名 広文

教員紹介

■教員名

川名 広文


■所属

札幌大学


■職名

教 授


■学位
文学修士(筑波大学)

 

■専門分野
考古学(日本、東南アジア)

 

■所属学会
日本考古学協会、日本考古学会、考古学研究会、北海道考古学会、東南アジア考古学会

【〜2017年3月】

■研究活動
▼著書・著作
・『目梨泊遺跡―目梨泊遺跡における埋蔵文化財学術発掘調査報告書』枝幸町教育委員会、2004年3月 (共編著)

・『上福岡市史通史編(上)』上福岡市教育委員会、2000年3 月 (共著)

・牛久市史石造物編』牛久市役所、1999年3月 (共著)

・『上福岡市史資料編1(自然史・考古)』上福岡市教育委員会、1999年3月 (共著)

・『上福岡の社寺と指定文化財』上福岡市教育委員会、1997年3月 (共著)

・『東南アジア・南中国貝塚遺跡データ集』東南アジア考古学会、1994年6月 (共著)

・『埼玉県庄和町の石造物』庄和町教育委員会・立教大学博物館学研究室、1991年3 年 (共著)

・『鷺森遺跡の調査』埼玉県上福岡市教育委員会、1987年2月 (共著)

・『千葉県松戸市一の谷西貝塚』一の谷遺跡調査会(松戸市教育委員会)、1984年10月 (共著)

・『堺窪遺跡Ⅱ』埼玉県埋蔵文化財調査事業団、1982年3月 (共著)

・『川崎市北の谷遺跡』北の谷遺跡調査団、1982年3月 (共著)

・『埋蔵文化財の調査(Ⅲ)』上福岡市教育委員会、1981年9月 (共著)

・『狭山市柏原城ノ越遺跡』城ノ越遺跡調査会(狭山市教育委員会)、1978年3月 (共著)


▼学術論文
(単著)
・「オホーツク文化期目梨泊遺跡住居跡出土の直刀」札幌大学文化学部紀要『比較文化論叢』19、2007年3月

・「マラヤ新石器時代グアムサン遺跡他の土器」札幌大学文化学部紀要『比較文化論叢』19、2007年3月

・「マラヤ新石器時代テンクレンブ遺跡の土器」札幌大学文化学部紀要『比較文化論叢』18、2006年9月

・「マラヤ・グアチャ遺跡新石器時代の土器」札幌大学文化学部紀要『比較文化論叢』17、2006年3月

・「原始古代史部会(考古部門)の活動―特に火工廠用地の古墳時代の遺跡について」きんもくせい(上福岡市史研究)9、2003年

・「東南アジア初期金属器時代の銅鐘」札幌大学文化学部紀要『比較文化論叢』8、2001年9月

・「マラヤ鉄器時代の石棺墓」物質文化研究会『物質文化』70、2001年3 月

・「ホアビン文化と縄文文化」雄山閣出版『季刊考古学』第66号、1999年1月

・「上福岡貝塚の調査とその前後」上福岡市教育委員会『考古文献資料(1)上福岡貝塚』、1994年3月

・「マラッカ海峡沿岸の先史貝塚」 東南アジア考古学会『東南アジア考古学会会報』第13号、1993年5月

・「半島マレーシアの巨石遺構」東南アジア考古学会『東南アジア考古学会会報』第10号、1990年5月

・「東南アジアにおける中石器時代の埋葬」雄山閣出版『比較考古学試論』(増田精一編)、1987年6 月

・「マラヤ新石器時代の岩陰墓」歴史人類学会『史境』第13号、1986月10 月

・「柄鏡形住居址の埋甕にみる象徴性」土曜考古学研究会『土曜考古』第10号、1985年7月

(共著)

・川名広文・高畠孝宗ほか「枝幸町ウスタイべ竪穴群測量調査報告」『枝幸研究5号』 オホーツクミュージアムえさし 2014年3月
・川名広文・高畠孝宗「音標ゴメ島遺跡試掘調査報告」『枝幸研究3号』 オホーツクミュージアムえさし 2012年3月

・川名広文・高畠孝宗「音標ゴメ島遺跡分布調査報告」『枝幸研究2号』 オホーツクミュージアムえさし 2010年12月


▼学会発表等

・「サラワク博物館について」札幌大学文化学部『札幌大学学芸員課程年報』第1集、2002年9月 (単著)

・「マレーシアの海中考古学展」 東南アジア考古学会『東南アジア考古学』第22号、2002年6 月 (単著)

・「1994年度外国考古学研究の動向 ─ 東南アジア─」日本考古学協会『日本考古学年報』47、1996年5月 (単著)

・「スマトラ東海岸の貝塚(邦訳)」東南アジア考古学会『東南アジア考古学会会報』第13号、1993年5月 (共著)

・「埼玉県庄和町における後期古墳の実測調査(続)」立教大学学校・社会教育講座『ムゼイオン』37、1991年10 月 (単著)

・「埼玉県庄和町における後期古墳の実測調査」 立教大学学校・社会教育講座 『ムゼイオン』35、1989年12月 (単著)

・「飯田市周辺における前方後円墳の実測調査」信濃史学会『信濃』第34巻11号、1982年11月 (共著)


■社会活動
▼ 公的社会活動
・日本考古学協会理事(2010〜13年度、機関誌・年報担当)

・北海道考古学会 会長 (2007〜2008年度)


▼社会人学習
・道民カレッジ「ほっかいどう学」大学放送講座 平成19年度

  = 第1回「“なぞ”のオホーツク文化」(10月6日放送)


▼その他
・枝幸町ゴメ島遺跡調査報告会(於 オホーツクミュージアムえさし、2007年8月12日)

page top