札幌大学   専任教員

HOME > 教員一覧・業績一覧 > 工藤 孝史

教員紹介

■教員名

工藤 孝史


■所属

札幌大学


■職名

教 授


■学位 
文学修士 北海道大学大学院文学研究科(哲学)

 

■専門分野
外書講読、近代哲学

 

■所属学会
日本ロシア文学会、言語処理学会

【〜2017年3月】

■研究活動
▼ 学術論文
・「普遍言語体系、概念辞書、マルチリンガル・ワードネットの研究」札幌大学経済・経営学会『経済と経営』第37号第1号(共著)、2006年11月

・「中間言語(概念)辞書の構築における意味の3要素」『札幌大学総合論叢』第19号(共著)、2005年3月

・「マルチリンガル・コミュニケーション・システムの共同研究開発プロジェクト(たまごプロジェクト)の概要と経過報告」札幌大学経済学会『経済と経営』第32号第4号、2002年3月

・「L'IDIOT SELON AKIRA KUROSAWA (仏語論文)」 『Slavica occitania』第8号 1999.6 (単著)

・「アンドレ・ブルトンとレオン・トロツキー:『自立した革命芸術のために』(1938年)をめぐる問題」 札幌大学経済学会『経済と経営』第30巻2号 1999.9 (単著)

・「文化と思考人格:エクリチュールは何から生まれるか」 『札幌大学総合論叢』第2号 1996.10 (単著)

・「ダダとニヒリズム:トリスタン・ツァラ『ダダ宣言1918』における無意味について」札幌大学経済学会『経済と経営』第27巻2号 1996.9 (単著)

・「シュールレアリズム覚え書き」 『リベラル アーツ』第11号 1995.1(単著)

・「ソロヴィヨーフ哲学の形成(2)-形而上学の経験的課題について-」 『札幌大学教養部紀要』第40号 1992.3(単著)

・「ソロヴィヨーフとニーチェ : 『超人の思想』 (1899)」 北海道大学スラヴ研究センター『スラヴ研究』38巻 1991 (単著)

・「『悪霊』のリアリテイ」 『リベラル アーツ』第6号 1992.1 (単著)

・「ソロヴィヨーフ散策(一)」 『リベラル アーツ』第2号 1990.1 (単著)

・「ソロヴィヨーフ散策(二)―グンデラを読んで」 『リベラル アーツ』第6号 1990.1 (単著)

・「ソロヴィヨーフ哲学の形成(1)―西洋哲学の危機」(1874)の周辺―」 『札幌大学教養部紀要』第35号 1989.10 (単著)

・「La Divino-humanit é et nous - Pour les études des premi ères œuvres philosophiques de Vladimir SOLOVIEV-」 Acta Slavica Iaponica Tomus  Ⅵ北海道大学スラヴ研究センター 1988.3 (単著)

・「Вл. С. ソロヴィヨーフにおける神と人―神人説研究のー視点―」 ロシヤ語ロシヤ文学研究 第18号日本ロシヤ文学会 1986.10 (単著)

・「B.C.ソロヴィヨーフ初期哲学思想―全一的知識と人間的現存―」 北海道大学修士論文 1984.1 (単著)

・「死の床で―ドストエフスキーと現実主義(リアリズム)―」 えうゐ 8号 白馬書房 1980.7 (単著)


▼学会発表等

(新刊紹介)
・福岡信一著『生物と無生物のあいだ』 札幌大学経済学部附属地域経済研究所『地域と経済』第5号、2008年3月

・ジェフ・ホーキンス著『考える脳、考えるコンピュータ』 札幌大学経済学部附属地域経済研究所『地域と経済』第4号、2007年3月

・フランス・ドリヌ、小林康夫著『日本語の森を歩いて:フランス語から見た日本語学』札幌大学経済学部附属地域経済研究所『地域と経済』第3号、2006年3月

・「抽象と現実―B.C.ソロヴィヨーフ『抽象的原理批判』の問題点― (研究報告)」 ロシア語ロシア文学研究第19号 日本ロシア文学会 1987.10 (単著)

・「シンポジウム『一九世紀ロシア思想における西ヨーロッパ』のうち「ウラジーミル・ソロヴィヨフにおけるヨーロッパ的知識の批判をめぐって」」 社会思想史研究5号北樹出版 1981.9 (共著)

page top