札幌大学   専任教員

HOME > 教員一覧・業績一覧 > 宮川 絹代

教員紹介

■教員名

宮川 絹代


■所属

札幌大学


■職名

助 教


学位

博士(学術)(東京大学)

 

専門分野
ロシア文学

 

所属学会
日本ロシア文学会、ロシア・東欧学会

【~2017年4月】

■研究活動

▼著書・著作

・『ブーニンの「眼」――イメージの文学』 水声社、2013年10月、(単著)。

 

▼学術論文

・「ロシアから持ち去られた青――ゲオルギイ・イワーノフのシンボルとイメージ」 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要『ODYSSEUS』、第21号、2017年、(単著)。

・Образ «утробности» в творчестве И. А. Бунина // Русская литература – XX-XXI веков как единый процесс (проблемы теории и методологии изучения): Пятая международная научная конференция, 2016,(単著)。

・Семантика синего цвета в «Распаде атома» Георгия Иванова // Селищевские чтения. Международный сборник научных трудов, посвященный 130-летию со дня рождения Афанасия Матвеевича Селищева, 2016, (単著)。

・「ゲオルギー・イワーノフの青――亡命後の創作をめぐって」 『20世紀前半の在外ロシア文化研究 平成25-27年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書報告論文書』、2016年、(単著)。

・Информированность японского читателя о творчестве Бунина и особенности его изучения в университетском образовании в Японии // «БУНИН  И  РОССИЯ» : Коллективная монография по материалам Международной литературно-мемориальной конференции, посвящённой 145-летию со дня рождения И.А. Бунина, 2016, (単著)。

・Рассказ И.А. Бунина «Антоновские яблоки» и его импрессионистичность // Творческое наследие И.А. Бунина в контексте современных гуманитарных исследований. Сборник научных трудов, 2015, (単著) 。

・Проблема импрессионизма в русской литературы // Лингвострановедческие, социокультурные и лингвистические аспекты в изучении и преподавании иностранного языка и литературы. Тамканский университет, 2015, (単著)。

・「視覚の彼方へ――ブーニンの恋愛における『胎内的なもの』」 日本ロシア文学会『ロシア語ロシア文学研究』、第44号、2012年、(単著)。

・Художественное время и пространство в рассказе И. Бунина «Поздний час»  『辺境と異境――非中心におけるロシア文化の比較研究 平成21-24年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書』、第2号、2011年、(共著)。

・Незримый образ и память в творчестве Бунина: от физического восприятия к метафизике //  И.А. Бунин и XXI век: Материалы Международной научной конференции, посвященной 140-летию со дня рождения писателя, 2011, (単著)。

・ «Только любовь или смерть»: к вопросу о любви и зрении в рассказе «Дело корнета Елагина» // Метафизика И.А. Бунина: Межвузовский сборник научных трудов, Выпуск 2, 2011, (単著)。

・「『スヴェルドロフスク』と空――ボリス・ルィジーの詩的空間」 『 辺境と異境――非中心におけるロシア文化の比較研究――平成21-24年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書』、第1号、2010年、(単著)。

・«Где-то» и Россия на дорожной карте: К вопросу о безграничности творчества И.А. Бунина //  И.А. Бунин и русский мир. Материалы Всероссийской научной конференции, посвященной 75-летию присуждения Нобелевской премии писателю, 2009, (単著)。

・Диалектика в миниатюре И. А. Бунина «Ночь» //  Метафизика И.А. Бунина: Межвузовский сборник научных трудов, 2008,(単著)。

・「ブーニン文学の旅の地図――亡命後の恋愛小説を中心に」 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻『年報 地域文化研究』、第12号、2008年、(単著)。

・「ブーニン文学における自然と恋愛――可視と不可視の境界で」 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻『年報 地域文化研究』、第11号、2007年、(単著)。

・「ブーニン文学の時間について――記憶と知覚の交錯」 日本ロシア文学会『ロシア語ロシア文学研究』、第37号、2005年、(単著)。

・「『遅い時刻』にみるイワン・ブーニンの夜の展開」  東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻『年報 地域文化研究』、第9号、2005、(単著)。

・Художественное воплощение категорий философии Дзэн в «Стихотворениях в прозе» И. С. Тургенева // Филологические науки. №5, 2001,(単著)。

 

▼学会発表等

・Образ «утробности» в творчестве И.А. Бунина,  Пятая международная научная конференция «Русская литература XX – XXI веков как единый процесс», Московский государственный университет им. М. В. Ломоносова, 2016 .

・Рассказ И.А. Бунина «Антоновские яблоки» и его импрессионистичность, Международной научной конференции, посвященную 145-летию со дня рождения И.А. Бунина «Творческое наследие И.А. Бунина в контексте современных гуманитарных исследований», Елецкий государственный университет им. И.А. Бунина, 2015.

・Информированность японского читателя о творчестве Бунина и особенности его изучения в университетском образовании в Японии,  Международная литературно-мемориальная конференция, посвящённая 145-летию со дня рождения И.А. Бунина, «БУНИН  И  РОССИЯ», Дом русского зарубежья им. Александра Солженицына, 2015.

・Проблема импрессионизма в русской литературы, Первая совместная международная филологическая конференция Тамканского университета и Дальневосточного федерального университета,Тамканский университет, 2014.

・「ブーニンの『眼』」 日本ロシア文学会関東支部春季研究発表会、2012年。

・「『胎内的なもの』というイメージ――ブーニン文学の恋愛を読むために」 日本ロシア文学会全国大会、2011年。

・Незримый образ и память в творчестве Бунина: от физического восприятия к метафизике, Международная научная конференция, посвященная  140-летию со дня рождения писателя «И.А.БУНИН И XXI ВЕК». Елецкий государственный университет им. И.А.Бунина, 2010.

・「『スヴェルドロフスク』と空――ボリス・ルィジーの詩的空間」『辺境と異境――非中心におけるロシア文化の比較研究』科学研究費補助金基盤研究報告会、2010年。

・「ブーニン文学における『胎内的なもの』の変容」 世界文学研究会、2008年。

・「<光>としての恋愛小説――ブーニン文学 非テーマ論の試み」 叙述態研究会、2006年。

・Диалектика в миниатюре И. А. Бунина «Ночь», Международная научная конференция, посвященная 135-летию со дня рождения писателя «Метафизика И. А. Бунина», Воронежский государственный университет, 2005.

・「ブーニン文学の時間について――記憶と知覚の交錯」 日本ロシア文学会全国大会、2004年。

・「イワン・ブーニンの『夜』における時間とその表象」 研究会「転換期ロシアの文芸における時空間イメージの総合的研究」、早稲田大学、2004年。

・「時間から読むブーニン文学」 北海道大学スラブ研究センター鈴川中村基金奨励研究員研究報告会、北海道大学、2004年。

・「ブーニン研究の可能性を求めて――亡命後のブーニンにおける文学的時空」 日本ロシア文学会関東支部春季研究発表会、2004年。

 

▼その他の業績

・(国際シンポジウム主催)H.27年度国立大学改革強化推進補助金プロジェクト「シンポジウム:今、ロシア文学を考える」、東京大学、2016年。

・(公開講義) О русско-японских литературных связах, Литературный институт им. А.М. Горького, 2016.

page top