札幌大学   専任教員

HOME > 教員一覧・業績一覧 > 酒井 春樹

教員紹介

■教員名

酒井 春樹


■所属

札幌大学


■職名

教 授


■学位

文学修士(東京大学)

 

■専門分野

社会心理学、産業・組織心理学、グループ・ダイナミックス

 

■所属学会

日本心理学会,日本社会心理学会,日本グループ・ダイナミックス学会,産業・組織心理学会,日本パーソナリティ心理学会(旧,日本性格心理学会),アジア社会心理学会

【~2017年3月】

■研究活動

▼著書・著作

・「認知心理学ハンドブック」 有斐閣 2013 (共著) 第8部 社会的認知 8-5 認知的一貫性理論 (pp. 312-313)
・「マルチラテラル心理学」 有斐閣 2006.4 (共著)

・「心理学辞典」(有斐閣,1999)と「新・心理学の基礎知識」(有斐閣,2005)の2つの文献をハイパーリンクさせたCD-ROM版(執筆項目) A-B-Xモデル,ディセプション,適合性理論,認知的斉合性理論,認知的不協和理論,バランス理論,ハイダー,フェスティンガー,計8項目

・「社会心理学小辞典 (増補版)」 有斐閣 2002 (共著) (執筆項目) 予測,倫理,変数,パラメーター,概念変数,独立変数,従属変数,調節変数,媒介変数,媒介過程,要因,状況要因,パーソナリティ要因,情報収集過程,選択性,選択的接触,予言,自己成就的予言,認知的不協和理論,強制的承諾,反態度的行動,正当化,自己正当化,不十分な正当化,過度の正当化,決定後,不協和,フェスティンガー,計28項目

・「現代心理学[理論]事典」 朝倉書店 2001 (共著) Ⅴ.社会心理学 第1章 認知的斉合性理論 (pp. 524-562)

・「Cognitive Dissonance: Progress on a Pivotal Theory in Social Psychology」 American Psychological Association. 1999 (共著) A multiplicative power-function model of cognitive dissonance: Toward an integrated theory of cognition, emotion, and behavior after Leon Festinger. (pp. 267-294)

・「心理学キーワード」(pp. 177-200) 有斐閣 1989 (共著)第9章 社会的認知と態度

・「社会心理学研究入門」 東京大学出版会 1987 (共著)第1章 科学としての社会心理学 (pp. 1-6) 第5章 さまざまな研究法 (pp.  31-39)

 

▼学術論文

・「A recurrent network model of cognitive consistency: How balance and dissonanc theories could be unified.」 The Sapporo University Journal, No. 35/March 2013, 43-55. [札幌大学総合論叢 第35号 (2013年3月) pp.43-55 (単著)]

・「Effectiveness of a typical-person heuristic for the prediction of conformity behavior.」 The Sapporo University Journal, No. 34/October 2012, 87-96. [札幌大学総合論叢 第34号 (2012年10月) 「pp. 87-96」 (単著)]

・「南博文論文『素朴心理学再考―ハイダーの着想からエスノメソドロジーの展開へ―』へのコメント:科学言語から日常言語へ?」 対人行動学研究 第11巻pp. 9-12. 1992 (単著)

・「社会心理学の方法論的反省 Ⅱ.研究法」 札幌大学教養部紀要 第30号 pp. 1-22. 1987 (単著)

・「川名好裕論文『対人的動機の数学的モデル』へのコメント」 対人行動学研究 第4巻 pp. 9-11. 1985 (共著)

・「社会心理学の方法論的反省 Ⅰ. 科学と理論」 札幌大学教養部紀要 第26号 pp. 31-49. 1985 (単著)

・「Induced compliance and opinion change.」 Japanese Psychological Research, 23, 1-8. 1981 (単著)

・「認知的不協和の大きさについて―理論ノート―」 実験社会心理学研究 20巻1号,pp. 81-84. 1980 (単著)

・「Attribution of personal responsibility and dissonance reduction.」 Japanese Psychological Research, 22, 32-41. 1980 (共著)

 

▼学会発表等

・「Conformity in Japan and average person heuristics.」 Paper presented at the 9th European Congress of Psychology, Granada, Spain. 2005, July 8. (単独発表)

・「A convex-concave semisphere network model of cognitive inconsistency.」Poster session presented at the International Symposium on Socio-Cultural Foundations of Cognition, Kyoto, Japan. 2002, December 14. (単独発表)

・「The "we" concept and collective dissonance: Why not only actors but also observers may experience dissonance.」 Paper presented at the New Perspectives on Dissonance and Culture Symposium (Chair: Shinobu Kitayama), Kyoto, Japan. 2001, May 26. (単独発表)

・「How low-power targets anticipate the strategies of high-power influencing agents.」 Paper presented at the Bases of Power and Social Influence Strategies Symposium (Chair: Bertram H. Raven), the 106th Annual Convention of the American Psychological Association, San Francisco, CA, USA. 1998, August 16. (単独発表)

・「Does shared responsibility for negative consequences generate cognitive dissonance?」 Paper presented at the Cognitive Dissonance Theory 40 Years Later Conference, Arlington, TX, USA. 1997, March 1. (単独発表)

・「A math model approach to Festinger's (1957) theory of cognitive dissonance.」Paper presented at the 7th International Kurt Lewin Conference, Society for the Advancement of Field Theory, Los Angeles, CA, USA. 1996, September 7. (単独発表)

 

▼その他の業績

・「心理学への招待:認知と感情と行動の構造的ダイナミックスの背後にあるもの」藻嶺 117号 p. 7. 2008.9 (単著)

・「性格と血液型ステレオタイプの心理学」 明新会報 第53号 p. 21. 2006(単著)

・「勝負事とジンクス―その心理的考察―」 馬銜 15巻2号 pp. 11-14. 1992(単著)

 

■社会活動

▼公的社会活動

・「札幌市立西岡中学校学校評議員」(2003年4月から現在に至る)

・「北海道札幌平岸高等学校振興会会長」(2016年4月から現在に至る)

・「北海道札幌平岸高等学校振興会副会長」(1999年4月から2016年4月まで)

・「日本性格心理学会(現,日本パーソナリティ心理学会)機関誌編集委員会常任編集委員」(1998年1月から2001年9月)

 

▼社会人学習

・「千歳市教育委員会主催 『千歳高星大学』 札幌大学公開講座派遣講師」(2007年10月18日)

・「夕張市教育委員会主催 『女性ライフセミナー』 札幌大学公開講座派遣講師」(2005年7月25日)

・「長万部町教育委員会主催 『平成16年度いきいき大学』講演講師」(2004年11月25日)

page top