札幌大学   専任教員

HOME > 教員一覧・業績一覧 > 内田 一秀

教員紹介

■教員名

内田 一秀


■所属

札幌大学


■職名

教 授


■学位

商学修士(同志社大学大学院)

 

■専門分野

経営学・経営管理論・労資関係論・賃金論

 

■所属学会

日本経営学会・経営史学会・労務理論学会・社会政策学会

【~2017年3月】

■研究活動

▼著書・著作

・共著(労務理論学会編)『経営労務事典』、晃洋書房、2011年6月

・共著、(仲条毅責任編集)『人事労務管理用語辞典』、ミネルヴァ書房、2007年4月

・共著、「シアーズ社の労働と労務管理」、(『アメリカ企業経営史』所収)、税務経理協会、2000年

・共同翻訳、ジャコービー『会社荘園制』、北海道大学図書刊行会、1999年

・共著、「労務管理」(『経営学-現代企業の経営と管理』所収)、八千代出版、1994年

・共著、「アメリカ精肉企業の生産と労働」、(『経営管理の理論と実際』所収)、ミネルヴァ書房、1992年

・共著、「初期の労働運動-ティームスターズ組合」、(『アメリカ企業の史的展開』所収)、ミネルヴァ書房、1990年

・共著、「日本の賃金形態と賃金体系」、(『現代日本の賃金管理』所収)、日本評論社、1989年

・共著、「アメリカ経営学の成立と発展」、「経営参加と労使関係」、(『現代経営学要綱』所収)、中央経済社、1984年

・共著、「ティームスターズ組合の組織構造と管轄権」、(『現代企業管理論』所収)、ミネルヴァ書房、1981年

・共著、「労使協議制と「日本的経営参加」」、(『現代日本企業と労使関係』所収)、労働旬報社、1981年

 

▼学術論文

・「ウォルマート社の労務管理・労使関係とその影響」、『経済と経営』、2013年

・「書評 バーバラ・エーレンライク著、曽田和子訳『ニッケル・アンド・ダイムド』、堤未果著『ルポ貧困大国アメリカ』」『労務理論学会誌 第19号 』 晃洋書房 2010年3月

・「小川・森永・佐藤編著『北海道の企業』合評会:防備録」、札幌大学経営学部附属産業経営研究所『産研論集』33号、2007年2月

・書評 『アメリカ大企業と労働者-1920年代労務管理史研究』(、北海道大学図書刊行会)、1999年

・「アメリカにおけるトラック輸送の形成」、明治大学『経営論集』、1996年

・「IBTの1905年シカゴ・ストライキ」、札幌大学経済学会『経済と経営』、1993年

・「独占成立期のアメリカ精肉企業の労資関係」、同志社大学『同志社商学』、1992年

・「日本の賃金形態と賃金体系についての予備的考察」、札幌大学経済学会『経済と経営』、1987年

・「紙・パルプ産業における雇用・賃金・労働条件の実態分析」、明治大学『経営論集』、1978年

・「企業分析―太陽神戸銀行」、『企業法研究』、1978年

 

▼学会発表等

・経営史学会ワークショップ、政治経済学会・経済史学会北海道部会、北海道アメリカ研究会 報告、書評、ネルソン・リクテンスタイン著、佐々木洋訳『ウォルマートはなぜ、世界最強企 業になれたのか』金曜日(2014年12月)

・労務理論学会第19回大会書評分科会 報告「バーバラ・エーレンライク著、曽田和子訳『ニッケル・アンド・ダイムド』、堤未果著『ルポ貧困大国アメリカ』(2009年6月)

・労務理論学会第17回大会、自由論題「現代の能力開発」、司会(2007年)

・労務理論学会第16回大会、第2分科会、司会(2006年)

・労務理論学会第26回大会、第2分科会、司会(2016年)

 

▼その他の業績

・労働総研ニュース No.267 2012年6月号 「『貧困ビジネス』としての大規模小売業-世界最大の企業ウォールマートの事例から考えるー」

・科学研究費補助金(基盤研究B)「現代アメリカ労使関係の基盤形成過程に関する実証的研究」研究分担者、2009年~2011年

・科学研究費補助金(基盤研究B)、「現代アメリカ大企業における人事制度改革と労使関係システム転換に関する理論的・実証的研究」、研究分担者、2006年~2008年

・科学研究費補助金(基盤研究B)、「アメリカにおける労使関係システムの「生成」と「交代」に関する研究」、研究分担者、2001年~2003年

 

■社会活動

▼公的社会活動

・労務理論学会理事(2015年7月~2018年6月)(2005年6月~2009年7月)

・社会保険労務士北海道・東北地域協議会 業務研修会講師 「日本の賃金の現況」、2011年

・社会保険労務士総合研究機構、社労士会近畿地域協議会 共催 学術フォーラム報告 「札幌大学大学院社労士向け講座の構想を語る」 2009年11月

・北海道私大助成推進協議会会長(2004年~2005年)


▼社会人学習
・放送大学講師(2004年)

page top