札幌大学   専任教員

HOME > 教員一覧・業績一覧 > 渡部 あさみ

教員紹介

■教員名

渡部 あさみ


■所属

札幌大学


■職名

教 授


■学位

博士(文学・北海道大学)

 

■専門分野

現代アメリカ文化・現代アメリカ女性文学研究

 

■所属学会

Modern Language Association、日本英文学会、日本アメリカ文学会、北海道アメリカ文学会、大学英語教育学会

【~2017年3月】

■研究活動

▼学術論文

・Asami Watanabe “A Sociolinguistic Approach to Representations of Identities in Contemporary American Ethnic Women’s Writings.” 『札幌大学総合論叢』第42号 (2016): 1-12. (単著)

・"Literary Creations of the Japanese Diaspora: The Rewriting of Japanese folktales in Lee Ann Roripaugh's Poetry." 「札幌大学総合研究」第5号(2014):1-15.(単著)

・「Jhumpa Lahiriの『Unaccustomed Earth』における新アメリカ人の越境とグローバリティ」『第85会大会Proceedings』日本英文学会 (2013):113-14.(単著)

・"Living Sin Froteras: Transforming Body and Ethnic Mythologization in Gloria Anzaldúa's Works."『札幌大学女子短期大学部紀要』第60・61合併号(2013):95-123.(単著)

・"Caramel Rebozo and Weaving Cultural Memory: Haunted Body and Story-Telling in Sandra Cisneros' Caramelo or Puro Cuento."『札幌大学女子短期大学部紀要』第58・59合併号(2012):5-32.(単著)

・"Imagining Japanese American Diaspora: Hybridity and Embodied Identities in Lee Ann Roripaugh's Works."『北海道アメリカ文学』第27号(2011):66-82.(単著)

・"Crossing Borders and Transcultural Negotiations: Exiled Bodies and Diasporic Identities in Jhumpa Lahiri's The Namesake." 『札幌大学総合研究』第2号(2011):161-186. (単著)

・"The Stories of Haitian Daughters: Disabled Bodies and Constructing Memory in Edwidge Danticat’s Breath, Eyes, Memory." 『札幌大学女子短期大学部紀要』第56・57合併号(2011): 5-39. (単著)

・"Body, Memory Crossing Borders: Demystification and Reconstruction of 'Vietnam' in Aimee Phan’s Exile Narrative." 『北海道アメリカ文学』第26号 (2010): 80-96.(単著)

・“From marginalized to Mainstream: African American Food Memoir Cookbooks” 『札幌大学女子短期大学部紀要』第54号(2010):47-65.(単著)

・「Lois-Ann YamanakaのWild Meat and the Bully Burgersにおける身体とアイデンティティ」『北海道アメリカ文学』25号(2009): 33-46.(単著)

・“Contemporary American Women’s Memoir and Theories in Life Writing” 『札幌大学女子短期大学部紀要-創立40周年記念号-』第52・53合併号(2009):39-54.(単著)

・“Female Body, Gaze, Memory: Filmic Representations of Women and Family in Pieces of April.” 『札幌大学女子短期大学部紀要』50 (2007):27-49.(単著)"

・「『Anais Ninの日記』におけるナラティブの特徴と女性の自伝の伝統」『デルタ:ヘンリー・ミラー アナイス・ニン ロレンス・ダレル研究論集』 5(2003):19-31.(単著)

・“Art of Diary: Development from Private to Public in Women’s Writings of Self.” 『北海道英語英文学』 47 (2002):61-71.(単著)

・“On Anais Nin’s Pregnancy Narrative: Approaching Her Voices of Public and Private.” 『北海道アメリカ文学』 17 (2001):17-33.(単著)


▼学会発表等

・『Jhumpa LahiriのUnaccostomed Earthにおける「新アメリカ人」の越境とグローバリティ』日本英文学会北海道支部大会(北海学園大学)2012年10月

・『Aimee PhanのVietnamese Exile Narrativeにおける身体とアイデンティティ』日本英文学会北海道支部大会(北海道教育大学函館校)2009年10月

・『楽園の向こう側―ハワイ研究への誘い:Lois-Ann YamanakaのWild Meat and the Bully Burgersにおける身体とアイデンティティ』(シンポジウム)日本アメリカ文学会北海道支部大会(北星学園大学)2008年12月

・『Trans-ID:現代英米文学と自分探し- 現代日系アメリカ人女性作家による身体とアイデンティティの表象』(シンポジウム)日本英文学会北海道支部大会(北海道大学)2006年9月

・“Japanese American Self, Body, Identity in Lee Ann Roripaugh’s Poetry” チェサピーク・アメリカ研究学会年次大会(米国ディストリクト・オブ・コロンビア大学)2005年4月"

・『「Anais Ninの日記」におけるナラティブの特徴と女性の自伝の伝統』日本ヘンリー・ミラー協会(千葉商科大学)2002年12月

・『“Live to Tell: Women Writers' Life-Writings of Self in ‘I’ narrative”』(シンポジウム)北海道アメリカ文学会支部大会(札幌大学)2002年11月

・『「The Diary of Anais Nin」にみる日記と女性』日本アメリカ文学会全国大会(岩手県立大学)2001年10月


▼その他の業績

・「書評:憧れのハワイ―日本人のハワイ観」『北海道アメリカ文学』第27号(2011):96-98.

・「アナイス・ニン年表/書誌」『水声通信:特集アナイス・ニン』水声社 第31号 (2009):170-180.


ワークショップ(コメンテータ)

・『ヘミングウェイの短編作品にみる森と先住民』北海道アメリカ文学会(北海学園大学)2011年3月

・『アメリカでエスニックとして成長すること-現代アメリカ女性作家の3つの短篇を読む』北海道アメリカ文学会(藤女子大学)2008年3月


■社会活動

▼公的社会活動

・日本英文学会北海道支部役員(2017年4月〜現在)

・日本アメリカ文学会北海道支部会計役員(2010年〜2014年)

・洞爺湖サミット・シニアボランティア通訳(2008年7月)

page top