札幌大学   専任教員

HOME > 教員一覧・業績一覧 > 山田 玲良

教員紹介

■教員名

山田 玲良


■所属

札幌大学


■職名

教 授


■学位
経済学修士(一橋大学)

 

■専門分野
数理経済学

 

■所属学会
日本経済学会、法と経済学会

 【〜2015年3月】

■研究活動
▼学術論文
・「北海道観光と外客誘致の現況」桑原真人・山田玲良・石井聡・横島公司編『北海道と道州制-歴史と現状・国際比較-』(札幌大学附属総合研究所研究叢書2)2012年(平井貴幸(東京国際大学国際交流研究所)との共著)

・「企業の集中的立地を支える余暇選好の弱さに関する一考察」『札幌大学総合論叢』第33号2012年

・「公共的活動におけるモラル・モチベーション」『経済研究』(一橋大学経済研究所)62巻1号2011年(林行成(広島国際大学)、奥島真一郎(筑波大学)、吉原直毅(一橋大学)との共著)

・「地域医療と自治体広域化」『地域と経済』(札幌大学経済学部附属地域経済研究所)6号2009年(横島公司(立教大学)との共著)

・“Mechanism design for a solution to the tragedy of commons,” Review of  Economic Design, Vol. 11, No. 4, 2008.2(吉原直毅(一橋大学)との共著)

・「内生的な人口変動と政策評価-功利主義的な評価原理の補正に関する試論-」『地域と経済』(札幌大学経済学部附属地域経済研究所)4号2007年

・“Triple implementation by sharing mechanisms in production economies with unequal labor skills,” International Journal of Game Theory, Vol. 36, No. 1, 2007(吉原直毅(一橋大学)との共著)

・「Efficient equilibrium contracts in two-player games」『札幌大学総合論叢』24号2007年

・「Surviving efficient equilibria in two-player games with alternate unilateral  contracts for side payments」『経済と経営』(札幌大学経済・経営学会)35巻2号2005年

・“Alternate contracts for side payments,” Economics Bulletin, Vol. 3, No. 46,  2005

・「圧力団体の戦略的行動と選挙競争」『札幌大学総合論叢』20号2005年

・“Efficient equilibrium side contracts,” Economics Bulletin, Vol. 3, No. 6, 2003年

・「Games with bilateral contracts on side payments」『数理解析研究所講究録』(京都大学数理解析研究所)1337号2003年

・「混合診療制度に関する経済理論的考察」『医療と社会』13巻6号 2003年(林行成(広島国際大学)との共著)


▼学会発表等
・“Nash Implementation in Production Economies with Unequal Skills: A Complete Characterization,” 10th International Meeting of the Society for Social Choice and Welfare, July 2010. (吉原直毅(一橋大学)との共著)

・“Nash Implementation in Production Economies with Unequal Skills: A Complete Characterization”日本経済学会2010年度春季大会2010年6月(吉原直毅(一橋大学)との共著)

・「環境配慮型製品の普及メカニズムに関する進化ゲーム論的考察」早稲田大学COE・GLOPE現代政治経済研究所石井部会共催シンポジウム2008年

・「Triple implementation by sharing mechanisms in production economies with unequal labor skills」日本経済学会春季大会2005年(吉原直毅(一橋大学)との共著)

・「Alternate contracts for side payments」法と経済学会全国大会2005年

・“Triple implementation in production economies with unequal skills by sharing mechanisms,” 7th international meeting of the Society for Social Choice and Welfare, 2004(吉原直毅(一橋大学)との共著)

・「Efficient equilibrium contracts in two-player games」日本経済学会春季大会2003年

 

▼その他の業績
[報告書]
・「公共医療の脆弱化と出生率の低下について-「主権地域」が直面する課題-」『札幌大学共同研究プロジェクト報告書-道都札幌市の現状とこれからの課題-』(札幌大学)2008年


[書評]
・「近刊紹介:Dennis C. Mueller, Public Choice III, Cambridge University Press, Feb. 2003」『地域と経済』(札幌大学経済学部附属地域経済研究所)1号2004年

・「わたしの薦める一冊:岩井克人『会社はこれからどうなるのか』2003年2月」『札幌大学大学院経済学研究科ニューズレターSU-REP』4号2004年


[評論]
・「2006年の北海道経済:1月改正独占禁止法の施行」『地域と経済』(札幌大学経済学部附属地域経済研究所)2号2005年

・「2004年の北海道経済:7月サマータイム制導入実験」『地域と経済』(札幌大学経済学部附属地域経済研究所)2号2005年

・「2003年の北海道経済:2月北海道日本ハムファイターズの誕生」『地域と経済』(札幌大学経済学部附属地域経済研究所)1号2004年

・「2003年の北海道経済:11月ふるさと銀河線、北海道が廃止・バス転換方針を表明」『地域と経済』(札幌大学経済学部附属地域経済研究所)1号2004年 [客員研究]

・一橋大学経済研究所グローバルCOE公募研究(経済理論モデルの構築)研究員(2008年11月〜2010年3月)


■社会活動
▼公的社会活動
・『音威子府村史』執筆担当者2003年〜2007年

・北海道商工会議所連合会・札幌商工会議所道州制研究会特別委員 2004年〜2005年

・札幌市豊平区指定管理者選定委員会委員 2009年・2013年

・第62回東北・北海道地区大学等高等・共通教育研究会(2012年8月31日・9月1日)における 話題提供「共通化による多様性の追求:1学群13専攻と女子短期大学部の新たな可能性」

・第4回大学マネジメント改革総合大会(一般社団法人日本能率協会主催2012年11月15日・16日)における事例紹介「学部の統合と教養教育の強化」

・「学部の統合と教養教育の強化(札幌大学の学部再編)」(佐藤秀氏との共著)『大学マネジメント改革総合事例集Ⅰ』日本能率協会2014年
・「全学1学群化と総合的教養教育の推進-札幌大学の取り組み-」『私学経営』468号2014年


▼その他
・NPO法人札幌大学スポーツ・文化総合型クラブ理事長2012年〜

page top