HOME > 札幌大学について > キャンパスと施設案内 > S-wing

S-wing

学生立志テラス S-wing

学生が相互に体験学習・活動に誘い合う
学生間相互ナビゲーションフロア「学生立志テラス」

札幌大学では、「地域共創」の理念の下、全学を挙げて「地域共創人」の養成に取り組んでおります。正課のカリキュラムに加えて、異文化や地域社会と積極的に関わりながら課題に向き合い、困難を乗り越える力を養う「アクションプログラム」を用意しています。アクションプログラムは、「地域共創人」に欠かせない実践力を涵養するためのプログラムとして、本学が推進するアクティブラーニングの象徴と位置づけています。S-wingは、アクションプログラムを含め、各種の体験学習・活動に参加している学生が一堂に会する、体験学習・活動の「メッカ」となります。S-wingの運営を通じ、彼らの活動の認知が広く学内外に伝播するとともに、彼らに新たな仲間・同志が加わる循環が生まれることにより、本学が目指す「体験知に基づく実践力を備えた人材育成」が根付くことを狙いとしております。

※ スウィングの"S"は ∫ (インテグラル)

「学生立志テラスS-wing」は、文部科学省による「平成28年度私立大学等改革総合支援事業」支援対象校に対し交付される「私立大学等教育研究活性化設備整備事業」ならびに「私立大学等教育研究施設整備費補助」により整備の一部が賄われています。

【 私立大学等改革総合支援事業 】
教育の質的転換、地域発展、産業界・他大学等との連携、グローバル化などの改革に全学的・組織的に取り組む私立大学等に対する支援を強化するため、経常費・設備費・施設費を一体として重点的に支援するものです。
本学が支援対象校として選定されたタイプ1「教育の質的転換」は、全学的教学マネジメント体制の構築や主体的な学修を促す教育課程の編成など、全学的な体制での教育の質的転換(学生の主体的な学修の充実等)が評価対象となるものです。

S-wing運営チームが「学びの異種交流」「学びの刺激」をサポートします

S-wing

私たちS-wing運営チームは、日頃から利用者支援や運営ルールの策定、イベント企画などを行い、S-wingを心地よく使っていただけるよう努めています。これまで個別に活動していた各々の体験学習グループがS-wingに集い、「時と空間」を共有することで生まれる刺激。読書や自習スペースを求めて訪れた学生がS-wingで触れる刺激的な体験学習・活動の取り組み事例の数々。個人・グループを問わず、多くの方々にS-wingを利用していただくことで学内で参加可能な体験学習や各種活動プログラムの認知が進み、それらに主体的に参加する学生が増えることを願っています。
インテークゾーンカウンターで来訪をお待ちしています。

①プレゼンテーションゾーン

主体的な学びや活動を通じて得た力を他の学生に還元するスペース。学生が自由にプレゼンテーションスペースとして活用できます。

②インフォメーションゾーン

本学の体験学習・活動の成果を記したパンフレットや各種資料等を展示し、来訪者に主体的な学びや体験活動の意味や意欲を喚起するスペースです。

③パフォーマンスゾーン

大人数の講演やディスカッションのほか、体験学習の成果を来訪者に示す場として、また就業体験の実践の場として学外者を招くレセプション機能を有します。

④インテークゾーン

S-wingの窓口。体験学習・活動未経験者の参加を受付、サポートするゾーンとして活用されます。

⑤アクティベーションゾーン

アクションプログラムを中心としたアクティブラーニングの場。主体的な学びの活性を高めるゾーンです。

⑥カルティベーションゾーン

体験学習・活動に関する理解を深め、じっくり思索をめぐらすためのスペースです。日々の学修に関する省察や読書、自学自習にも活用できます。