HOME > 学群・専攻 > 札幌大学の学び

札幌大学の学び

学力や将来の目的に合わせて選べる3つの学びのルート

学力や将来の目的に合わせて選べる多様な学びのタイプ。
地域共創力を持ち、地域に貢献できる人材を育てます

基盤教育で自分に合った学びを見つけて主専攻を選択。
4年間、主専攻の学びに集中する、アクションプログラム(体験型学習)を多く取り入れ就業力アップを図る、主専攻と副専攻の組み合わせで学びの幅を広げる、エキスパートコースでさらにハイグレードな学びに挑戦する。札幌大学の学びは、将来の目的や学力に合わせて自分で学びを形づくることができます。

1年次 2年次 3年次 4年次

※ 卒業には基盤教育科目38単位以上、専門科目62単位以上(自専攻科目40単位、自専攻ゼミ12単位を含む)、合計124単位以上の修得が必要です。

基盤教育科目

専門科目への礎を築くのが基板教育です

実践的な専門性を修得するために基板教育を徹底

実践的な専門性を修得するために基板教育を徹底。
充実のプログラムにより社会人としての基礎を身に付けます

"地域の未来を創る実践的な専門性を備えた人材"を育成するため、1年次から
活力ある豊かな人間性を養う基盤教育を徹底。 学生一人ひとりの潜在能力を引き出し、学生生活を活性化させるための基盤づくりをあらゆる方面からサポートします。

現代教養基礎科目

哲学、歴史、心理学、憲法、政治、数学など現代社会に生きる上で必要とされる基礎的な教養を身近な形で学びます。

■哲学入門 ■歴史入門 ■心理学入門
■日本国憲法 ■政治経済入門
■数学入門 ■物理学入門 ■生物学入門
■環境問題入門 など
基礎科目

大学での学びを修得する演習、英語、ロシア語、中国語など6カ国語が選択できる語学、情報を活用する創造的能力の源泉となる情報技術などを学びます。

■入門演習 ■基礎演習
■学生生活と社会生活 ■英語 ■ロシア語
■中国語 ■ドイツ語 ■フランス語 ■コリア語
■健康論 ■体育実技 ■情報リテラシー
キャリア科目

自分と社会とのかかわりなどについて考えるキャリアアップ、社会人として必要な日本語能力を養うビジネス日本語などについて学びます。

■キャリアアップ
■ビジネス日本語 ■業界事情
専攻入門科目

主専攻を自ら選択する際の指針となるよう、専攻入門科目を設置。各専攻の学びの魅力や特長を学びます。

■地域創生入門 ■札幌学入門 ■経済学入門
■経営学入門 ■会計学入門 ■政治学入門
■異文化コミュニケーション入門
■スポーツ文化入門 など
留学生科目

主として留学生を対象に、日本語や日本文化、日本のビジネス習慣への理解を深めます。日本人学生と留学生が一緒に学ぶこともできます。

■日本語初級 ■日本語中級
■Japanese Affairs
■キャリアゼミナール
アクティブラーニング科目

学内外における、自主的な活動や研修などを通じて深く社会とかかわり、問題発見力、解決能力など社会人として求められる実践的な力を養います。

■学生発案型授業
■ボランティア概論・実習
■学外研修
■NPO論 ■日本文化演習
地域社会のかかわりから体験知を獲得するアクティブラーニング

地域社会とのかかわりから体験知を獲得するアクティブラーニング

アクティブラーニング科目とは
学生発案型授業やボランティア活動など、学内外を問わず学生が自主的、主体的に行う活動的な学びのこと。
地域社会とのかかわりから体験知を獲得し、地域に貢献する実践力を養います。
  • ボランティア概論・ボランティア実習

    ボランティアの意義や歴史、制度を知ることでボランティアへの理解を深め、実際にボランティア活動を行う科目です。計画、活動、報告という一連の流れから概念知を体験知に発展させることができます。

  • 学生発案型授業

    学生が自ら学びたいことを授業化する科目です。進んで学びたいと思うことを教員と話し合いながら希望する科目の開設を目指します。企画立案、問題発見、問題解決などの能力が養われ、学びへの能動的な姿勢が生まれます。

  • NPO論

    近年、社会において重要性を増すNPOについて、その背景、法制度、組織、活動などを理解していく科目です。札幌大学にあるNPO法人を生きた教材として活用しながら、NPOの今後の役割や課題を理解します。

  • 学外研修A・B

    留学やインターンシップ、フィールドワークなど学外での研修を通して実践的な能力を身に付ける科目です。「認定型」の研修では、学生が主体的に計画、実施、報告までを行うことを評価し、単位を認定していきます。

  • 日本文化演習A・B

    自立した学生、社会人として不可欠な人間性の確立を目指し、日本古来の座禅や茶道などを経験する科目です。心身のバランスを保つ平常心や礼節を学ぶことで他者への気遣いや思いやりの心を養います。

1学群13専攻

2年次から専攻を選べるレイターマッチング制度

2年次から専攻を選べるレイターマッチング制度を導入。
主専攻と副専攻とを組み合わせ、将来への可能性を広げます

2013年度から地域共創学群という大きな旗印のもと、13の専攻を擁し、新たにスタートした札幌大学。
「どの専攻にするか決められない」という場合も、入学後の興味や関心の高まりに応じて専攻を選択することができます。 幅広い知識や教養を身に付け、多様化する現代社会へ対応できる人材を目指します。

地域共創学群
選択できる専攻は全部で13
  • 一つの学問領域を基礎から応用まで探求できる13の専攻が用意されています。幅広い選択肢の中から自分自身が最も学びたい専攻を選びます。「学士」として十分な知識としっかりとした社会人基礎力を身に付け、地域へ貢献できる人材として社会へはばたくことができます。
  • 自分の興味・関心のあるテーマを「主専攻」として学ぶ一方、教養を深めるため、あるいは将来の職業へ向けて「副専攻」を選択することができます。「主専攻」と「副専攻」の学びの組み合わせは全部で78通り。学び方の種類を広げることで、未来の選択肢も広がります。
  • 「主専攻」の学びは、1年次からのスタートが可能です。レイターマッチングとは、2年次から「主専攻」を選択できる制度のこと。もちろん「副専攻」の選択も可能です。1年間じっくりと自分に合った学びや将来を考え、可能性を広げたオリジナルの学びが実現します。
地域共創学群
  • 一つの学問領域を基礎から応用まで探求できる13の専攻が用意されています。幅広い選択肢の中から自分自身が最も学びたい専攻を選びます。「学士」として十分な知識としっかりとした社会人基礎力を身に付け、地域へ貢献できる人材として社会へはばたくことができます。
  • 自分の興味・関心のあるテーマを「主専攻」として学ぶ一方、教養を深めるため、あるいは将来の職業へ向けて「副専攻」を選択することができます。「主専攻」と「副専攻」の学びの組み合わせは全部で78通り。学び方の種類を広げることで、未来の選択肢も広がります。
  • 「主専攻」の学びは、1年次からのスタートが可能です。レイターマッチングとは、2年次から「主専攻」を選択できる制度のこと。もちろん「副専攻」の選択も可能です。1年間じっくりと自分に合った学びや将来を考え、可能性を広げたオリジナルの学びが実現します。

サツダイマッチング

学びの組み合わせ=サツダイマッチングにより将来の夢を具現化

学びの組み合わせ=サツダイマッチングにより将来の夢を具現化。
自分力を引き出すさまざまな出会いが待っています

レイターマッチング

2年次に主専攻を選択する制度です。
入学後1年間、自分の興味や関心をじっくり見極めてから、主専攻を決めることができます。

レイターマッチング事例1
レイターマッチング事例1
自分に向いている分野は何か、
1年かけてじっくり見極められます
勘田 絵美菜さん
勘田 絵美菜Emina Kanda
1年次:地域共創学群→2年次:経営学専攻
武修館高等学校出身

高校3年の秋、札大のオープンキャンパスに来てレイターマッチングの制度を知りました。ずっとやってきた陸上競技を大学でも続けたいとは思っていましたが、将来の目標や自分に向いている学問分野をまだ見つけられずにいたので、専攻を決めずに学群で入学できる制度はとても魅力的でした。1年次は基盤科目を幅広く学んでみて、なかでも面白いと感じたのが経営学入門や会計など経営分野の講義だったため、2年次からは経営学専攻を選択。今後は会計をより深く学んで一人暮らしの家計簿に生かしたり、コンピュータ会計のスキルを磨いていきたいと考えています。

夢の実現に向けてレイターマッチングを利用
事例2 経済学専攻から地域創生専攻へ
経済学を学ぶうち、実践的な地域振興に強く関心を持つようになり専攻を変更。ゼミで研究発表会に参加し、プレゼンなどを行いながら、地域の活性化について学んでいます。

在学生メッセージ

事例2 経営学専攻から中国語・中国文化専攻へ!
経営学専攻でドラッグストア業界について調べていくなかで、今後は中国がこの業界の巨大市場になると感じ、中国についてもっと深く学ぶため、専攻を変更しました。

在学生メッセージ

主専攻+副専攻モデル事例

地域共創学群の中にある13の専攻から将来の目標や興味・関心に応じて主専攻を一つ選択。
さらに副専攻を組み合わせて、学びの幅を広げます。

主専攻・副専攻

主専攻+エキスパートコース

法学専攻と英語専攻には、さらにハイグレードな学びのフィールドを用意しています。
将来の夢や目標に応じて選択しましょう。

法専門職・公務員エキスパートコース
コース概要・主要科目
コース概要

国家公務員、地方自治体職員、司法書士、法科大学院への進学などを目指す学生には、通常授業のほかに特別授業を用意しています。常に一定以上の成績をおさめることが要求されるコースです。

主要科目

憲法特論、民法特論、行政法特論、刑法特論、自治行政特論
法専門職・公務員エキスパートコース専用の科目です。

法学専攻の学びへ

英語教育エキスパートコース
コース概要・主要科目
コース概要

英語教師を目指す学生のためのコースです。英語教育の専門知識を学び、教員採用試験合格を目指します。さらに「教職アクションプログラム」で教師力を鍛えるほか、所定の単位をプラスすれば特別支援教育の免許も取得できます。

主要科目

日英対照言語研究、英語教育、Presentation、Advanced Reading など
英語教育に関する専門科目や上級の英語スキルを目指す科目です。

英語専攻の学びへ

通訳翻訳エキスパートコース
コース概要・主要科目
コース概要

将来的に通訳者や翻訳者を目指せるような、高い英語力を身に付けるためのコースです。メインの英語専攻に加えて「経済」「経営」「法学」「地域創生」などを副専攻に選択すれば、通訳や翻訳の際に必要な専門知識も学べます。

主要科目

通訳演習、翻訳演習、Presentation、Advanced Reading など
通訳・翻訳に関する専門科目や上級の英語スキルを目指す科目です。

英語専攻の学びへ