HOME > プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

個人情報の取り扱いについて

学校法人札幌大学(以下「本学」という。)では、個人情報の保護に関する法律の完全施行〔平成17年4月1日〕を受け、本学固有の個人情報の適正な取扱いを図るため、学校法人札幌大学個人情報の保護に関する規程を制定〔平成17年4月1日施行〕しました。この規程は、基本的人権及び個人の尊厳を保つ上で個人情報を保護することの重要性に鑑み、個人の権利利益及びプライバシーの保護に資することを目的として定め、個人情報取扱事業者としてその責務を果たすものです。
ついては、この規程に基づき本学の個人情報の保護、開示について次のとおり運用しますのでご承知置きください。また、個人情報をより適正に取り扱うため、全教職員に対する教育、個人情報の保護に関する法律を始めとする各種法令の遵守、個人データの漏洩、盗難、滅失等の防止対策等、安全管理対策については万全を期すことといたします。
なお、本学の個人情報の取扱いについては、ホームページ等を通して、皆様に適宜、通知し、公表いたします。

用語の説明

個人情報

個人情報とは、現在及び過去において、生存する本学の学生及びその身元保証人並びに役員、教職員、入学予定者、受験生その他これらに準ずる者に関する情報であって、氏名、性別、住所、生年月日等により、特定の個人が識別される固有の情報をいいます。
また、他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができるものも含みます。本人が識別できる映像、音声による情報、メールアドレス等も個人情報となります。

個人情報データベース等

個人情報データベース等とは、個人情報を含む情報の集合物で、特定の個人情報についてコンピューターを用いて検索することができるように体系的に構成したもの又は特定の個人情報を容易に検索することができるように体系的に構成したものとして政令で定める※注1)ものをいいます。
カルテ、指導要録等、紙面で処理した個人情報を一定の規則で整理・分類し、特定の個人情報を容易に検索することができるよう、他人によっても容易に検索可能な状態に置いてあるものも個人情報データベース等といいます。

※注1)個人情報の保護に関する法律第2条第2項第2号の政令で定めるものは、これに含まれる個人情報を一定の規則で整理することにより特定の個人情報を容易に検索することができるように体系的に構成した情報の集合物であって、目次、索引その他検索を容易にするためのものを有するものをいう。

個人情報取扱事業者

個人情報取扱事業者とは、個人情報データベース等を事業の用に供している者で、個人情報データベース等を構成する個人情報によって識別される特定の個人の合計数が過去6月以内において5,000人を超える場合をいいます。在学生約6,500人を擁する本学は、この個人情報取扱事業者に該当します。

個人データ

個人データとは、個人情報データベース等を構成する個人情報をいいます。

保有個人データ

保有個人データとは、個人情報取扱事業者が、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を行うことのできる権限を有する個人データであって、その存否が明らかになることにより公益その他の利益が害されるものとして政令で定める※注2)もの又は1年以内の政令で定める※注3)期間以内に消去することとなるもの以外のものをいいます。

※注2)個人情報の保護に関する法律第2条第5項の政令で定めるものは、次に掲げるものとする。

  • 当該個人データの存否が明らかになることにより、本人又は第三者の生命、身体又は財産に危害を及ぼすおそれがあるもの
  • 当該個人データの存否が明らかになることにより、違法又は不当な行為を助長し、又は誘発するおそれがあるもの
  • 当該個人データの存否が明らかになることにより、国の安全が害されるおそれ、他国若しくは国際機関との信頼関係が損なわれるおそれ又は他国若しくは国際機関との交渉上不利益を被るおそれがあるもの
  • 当該個人データの存否が明らかになることにより、犯罪の予防、鎮圧又は捜査その他の公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすおそれがあるもの

※注3)個人情報の保護に関する法律第2条第5項の政令で定める期間は、六月とする。

本人

本人とは、個人情報によって識別される特定の個人をいいます。

本学の責務

適正な取得及び取得に際しての利用目的の通知

個人情報は、本人から偽りかつその他不正な手段なく、直接取得することを原則としています。本学が、職務上必要として提出を求める書類、写真、画像等から個人情報を取得し、その情報を体系的に整理、保存し、本学教職員が教育、研究及び業務に必要な範囲内で利用します。
なお、利用目的を変更するときは、法令に基づく場合等を除いて皆様に通知、公表します。

<個人情報の取得時期及び提出物等>
入学手続時に提出を求める書類
〔学生調書及び写真、出身校における調査書等〕
在学時に提出を求める書類
〔履修届、氏名・住所等確認票、健康診断問診票、進路調書、進路決定届、各種願・届出書他多数〕
卒業後、本学広報誌の送付等の関係から氏名、住所、電話番号等の確認を求める場合があります。
<個人情報の利用目的>
本学の教職員が授業計画、レポート課題、試験問題、ゼミナール履修学生募集、論文指導等、授業を円滑に運営、サポートするために利用するほか、修学支援、生活支援、進路支援、事務連絡、掲示(呼出等)、名簿作成(入学者・卒業者名簿、ゼミナール名簿等)、郵便物の発送等及び本学が保存する各種資料の作成に利用します。

利用目的の特定及び制限

個人情報は教育、研究及び業務に必要な範囲内で利用するもので、この目的以外に個人情報を利用することはありません。
なお、本学が利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報の利用目的を変更するとき及び第三者に提供する個人データの項目、提供の手段又は方法を変更するときは、法令に基づく場合等を除いて皆様に同意を得ることとします。

データの正確性及び適時性

取得した個人データは、利用目的に応じて正確かつ最新の状態に保つこととしますが、誤りがあった場合は、直ちに訂正します。

第三者提供の制限

個人データを「第三者」へ提供するときは、皆様の同意を得ることを原則としています。(学生本人の成績通知書を身元保証人へ送付すること及び学生の生活、修学等にかかることについては、本学と身元保証人が一体となった学生への重要な教育指導の一環として捉えていることから、身元保証人へ情報提供いたしますので、ご了承ください。)
また、本学が個人データの取扱いに関する業務の全部又は一部を委託〔データ入力等、情報処理を委託するために、又は郵便物の発送のために個人データを提供する場合等〕する場合、当該委託業者は「第三者」に該当しませんが、その委託業者に対して適切な教育、監督を行います。
なお、学生生活等を支援するための組織である本学関係諸機関は「第三者」に該当します。当該機関からの個人データ提供要請を受け、宛名ラベル等で個人データを提供しますが、その際は、当該機関に対して適切な教育、監督を行います。

当該機関及び個人データの利用目的は次のとおりです。

  • 指定学生寮<入寮の案内等>
  • 札幌大学生活協同組合<事業の説明と加入の案内、卒業アルバムの撮影案内・購入予約等>
  • 札幌大学後援会<後援会だよりの発送、入会案内等>
  • 札幌大学教職員組合<私立大学充実のための請願等>
  • 札幌大学校友会<校友会報の発送、支部総会・教友会等の開催案内、ゼミナール・サークル会合の連絡等>
  • 企業<在社名簿の作成>

なお、第三者〔指定学生寮、札幌大学生活協同組合、札幌大学後援会、札幌大学教職員組合、札幌大学校友会、企業、在学生等就職活動の学生〕への個人データの提供については、本学では職務上かつ教育指導上必要と判断しておりますが、お申し出により提供を停止することを前提とします。
したがって、第三者に提供することに同意できない場合は、個人データの提供を停止いたします。

安全管理措置並びに教職員、業務委託先への教育及び監督

個人データの漏洩、盗難、滅失、き損等を防止するため、コンピューター、ネットワーク管理の強化、不正アクセス防止等に努めます。
また、個人データの安全管理が図られるよう教職員、委託先等へ適切な教育、監督を行います。

開示、追加、訂正、削除、利用停止、消去

保有個人データを開示することにより、本学の業務に著しい支障が生ずる恐れがある場合等を除き、皆様は自己の個人データについて開示請求ができます。また、開示を受けて個人データの追加、訂正、削除、利用停止、消去等の請求ができます。
本学では、これらの請求に対し適正に対処するため、本人に文書で速やかに通知、回答します。
個人データの開示、追加、訂正、削除、利用停止、消去の請求の際は、学生証、身分証明書等により、本人であることを明らかにしなければなりません。

また、次の保有個人データについては、開示等請求にお応えできません。

  1. 開示請求の対象となる保有個人データに、第三者の個人情報が含まれているとき。
  2. 審議・検討中等未決事項に関する情報で、公開することにより公正かつ適正な意思決定に著しい支障が生じると認められるもの。
  3. 個人の指導、評価、診断、選考等に関する個人情報であって、開示をすることにより、当該業務に著しい支障が生ずるおそれがあるとき。
  4. 試験問題、教職員の人事等に関する情報であって、公開すれば業務の公正かつ適正な執行を妨げるおそれのあるもの。
  5. 開示をすることにより、本学の業務の適正な執行に著しい支障が生ずるおそれがあるとき。
  6. 個人の生命、身体又は財産の安全を守るため、緊急かつやむを得ないと認められるとき。
  7. 他の法令に違反するとき。

苦情処理等

自己の個人データの全部若しくは一部を開示しない旨の措置が講じられたとき又は個人情報の取扱いに不服がある場合、申立請求ができます。
本学では、これらの請求に対し適正に対処するため、本人に文書で速やかに通知、回答します。
個人データの不開示措置及び個人情報の取扱いについての不服申立の際は、学生証、身分証明書等により、本人であることを明らかにしなければなりません。

個人情報の取扱いについてのお問い合わせ

  • 札幌大学運営事業オフィス総務・企画担当
  • TEL:011-852-9102<ダイヤルイン>
  • FAX:011-856-0813