HOME > キャリア・就職支援 > 就職活動でのマナー > 履歴書・自己紹介書の書き方

履歴書・自己紹介書の書き方

履歴書・自己紹介書

「履歴書・自己紹介書」は、自分という商品を企業に売り込む企画書のようなものです。面接試験は、その企画書を用いた「プレゼンテーション」と言えるでしょう。自分の魅力をどうやってアピールするか、履歴書の記入内容により大きく変わってきます。
また、「履歴書・自己紹介書」は、正式なビジネス文書です。修正液や修正テープは厳禁です。間違えた場合は、最初から書き直さなければなりません。

履歴書

※本学指定の履歴書は、大学生協購買部で販売しています。

①「フリガナ」と指定されている場合はカタカナで、「ふりがな」と指定されている場合はひらがなで記入
②朱肉を使い、まっすぐはっきりと押す
③スピード写真は不可
④算用数字を使い、◯◯アパート◯◯号室まで記入
⑤アルファベットのO(オー)と数字の0(ゼロ)、l(エル)と1(イチ)、-(ハイフォン)と_(アンダーバー)など、判別しづらいものは区別できるように記入
⑥現住所と同じ場合は「同上」と記入
⑦高等学校入学から大学卒業見込までを記入(予備校は含まない)
 <編入の記入例>
 札幌大学女子短期大学部キャリアデザイン学科 入学
 札幌大学女子短期大学部キャリアデザイン学科 卒業
 札幌大学地域共創学群○○○○専攻 編入学
⑧アルバイトは職歴に含まれない
⑨正式な資格名を記入
⑩ゼミの運営方法を書くのではなく、どんなテーマで何をしたか、そこから何を学んだか
⑪学生生活で経験したこと(部活、アルバイト、ボランティア、国際交流、資格取得等)で「何を考え」「行動し」「得たか」を具体的なエピソードを盛り込んで記入
⑫ありきたりにならず、自分だけのものを探し具体的に記入
⑬「なぜこの企業なのか」「なぜこの職種なのか」「入社してからの展望」を、自分の視点で書く、最も重要な部分