HOME > キャリア・就職支援 > 就職活動でのマナー > 面接のポイント

面接のポイント

面接は、選考過程で最も重要な試験です。面接には個人面接、集団面接、グループディスカッションの3つの形式があります。面接の形式が変わっても、あなたの魅力をアピールする場であり、コミュニケーション能力が試されていることに変わりはありません。

個人面接のポイント

学生と面接官が1対1、あるいは学生1人と複数の面接官で行われます。集団面接より掘り下げた質問内容が多く、さまざまな角度から質問されます。個人面接は、あなたにとって熱意をアピールする絶好のチャンスです。質問者の目を見て、具体的な内容で回答するように心掛けましょう。

集団面接のポイント

面接のポイント

複数の学生(3~5人)に対して、複数の面接官(2~3人)で行われます。指名された順に答えたり、任意に答える場合があります。自分の持ち時間は短いので、質問の意図を理解し、的確かつ簡潔に話すよう心掛けましょう。ひとりで長い時間を使うと、状況判断ができないと思われます。
また、他の学生の意見を聞いているか、面接中の態度もチェックされています。自分の番が終わっても気を抜かないように注意しましょう。

グループディスカッションのポイント

学生が複数(5~10人)のグループで、決められたテーマで議論や作業を行う様子を、面接官が見て評価する試験です。グループでの討論を通じて、集団の中での協調性や指導力が判断されます。話を進める司会者や、話の調整をする書記役、発表者など、話し合いを進めるために自分が何をしなければならないかを、意識して参加することが大切です。チームワークを重視し、議論を展開させることがポイントです。

グループディスカッションのテーマ例

  • 人にものを教える時に必要な要素を3つ挙げなさい
  • 今後の携帯はどうなっていくか
  • 学生と社会人の違い
  • 大企業で働く事のメリットとデメリットについて
  • 当社ができる社会貢献を提案してください
  • エスキモーに冷蔵庫を売る方法
  • 無人島に一つだけ持っていくとしたら
  • 日本の農業をこれから先どうしていくべきか
  • 観光客を増やすための方策