HOME > キャリア・就職支援 > 就職活動を始めるにあたって > 必要な手続き

必要な手続き

就職活動に関する諸手続きは、本学の就職指導要領だけではなく、法律にも基づいています。

就職指導要領

本学は「職業安定法第33条の2」及び「職業紹介運営要領」に基づいて、本学の学生・卒業生のために、職業紹介業務を行っています。

  • 本学では、職業安定法第33条の2に基づき、本学の学生及び卒業生の就職を斡旋する。就職を希望するものは、本要領を遵守しなければならない。
  • 就職を希望するものは「進路登録票」を提出し、所定の手続きをしなければならない。提出しない者には就職の斡旋及び関係書類を交付しない。
  • 最初に採用内定(決定)したところをもって就職先とし、以後の斡旋は行わない。採用内定(決定)の通知を受けた場合、直ちにその旨を学生支援オフィスに届けなければならない。
  • 学内選考による就職の斡旋(学校推薦)は、学生1人に対し原則として常時1企業とする。自由応募などによる場合は、この限りではない。
  • 学校推薦を受け、正当な理由なく放棄した者及びこの要領に違反した者については、推薦を取り消し、以後、推薦をしない。
  • 就職に関する伝達方法は、アイトス及び掲示板で告知するものとする。
  • 就職を希望する者は、この要領及び就職についての注意事項を守らなければならない。著しく大学の体面を汚した者及び本要領に反した者に対しては就職の斡旋を中止し、内定を取り消すことがある。

 

就職活動に関する諸手続きは、本学の職業紹介運営要領だけでなく法律に基づいたものであるので、規則、規定などを遵守してください。

ここからスタート。初回面談(進路登録票の提出)

就職活動スケジュール

大学3年生と短大1年生の皆さんには、初回面談で『進路登録票』の提出を受け、就職活動に関するお話をしています。

大学で行う就職斡旋は、職業安定法第33条の2に定められた「大学の行う無料職業紹介事業」であり、『進路登録票』を提出し求職者として登録された対象者に行っています。『進路登録票』を提出しない者には、相談に応じられません。なお、公務員試験受験予定者、進学希望者や就職を考えない場合でも各種調査、あるいは卒業者名簿の基礎となりますので、卒業予定者は全員『進路登録票』を提出し初回面談を受けてください。

初回面談の手順

1.面談予約をする

場所 キャリアサポートセンター
受付 カウンターにある「個人面談申込受付簿」の面談希望日に氏名等を記入してください。

2.進路登録票を作成・印刷する

<1>アイトスを起動し、タブ「キャリアmemo」を選択。
<2>画面の指示に従い、必要事項を入力し印刷する。キャリアサポートセンター内のパソコンでも作成・印刷できます。

 

3.初回面談時に進路登録票を提出する

 

4.面談曜日と時間

面談曜日 平日(月~金曜日)
面談時間 9:00~11:00、13:00~16:00 ※受付時間や曜日は担当者によって異なります。

個人情報の取り扱いについて

本学では、アドバイザーと就職担当者が大学として皆さんの就職活動をバックアップする体制を組み、個人面談等の情報について共有しています。なお、情報共有について承諾できない場合は、アドバイザーまたは学部担当者に、その旨申し出てください。個人情報の取り扱いについては、本学ホームページ「プライバシーポリシー」を参照してください。

授業や試験を受けられない場合の手続き

就職活動による授業の欠席は公欠ではありません。安易に授業を欠席せず最大限、日程を調整し、授業を優先してください。やむを得ず欠席する場合は、事前に授業担当教員に相談し、各種届けを提出してください。提出後の取り扱いについては、担当教員の判断によります。

 

(採用試験のため)授業を受けられない場合

次を授業担当教員へ提出してください。

・企業の証明印が押印済の「就職試験出席証明書」+「欠席カード」(学生支援オフィス設置)

 

(採用試験のため)試験を受験できない場合

次を期日内に学生支援オフィスへ提出してください。

・企業の証明印が押印済の「就職試験出席証明書」+「追試験受験願」(学生支援オフィス設置)

 

「就職試験出席証明書」には企業の証明印が必要となります。当日の受験開始前に企業の方に作成を依頼してください。
用紙は、キャリアサポートセンターで配布または、下記リンクから印刷できます。

 

必要書類の入手方法

履歴書、封筒

販売場所 札幌大学生協購買部

写真(履歴書用キャンパス内撮影会)

日時 キャリアサポートセンター掲示板で告知
写真の受け取り 札幌大学生協カウンター

成績証明書、卒業見込証明書、健康診断証明書

発行場所 中央棟ロビー自動発行機(学生証が必要です)
発行日 当日発行(自動発行機の運用時間には特に注意してください)
手数料 成績証明書、卒業見込証明書、健康診断証明書 各200円

※卒業見込証明書、健康診断証明書は、大学4年生・短大2年生の5月上旬頃に発行可能となります。それまでは発行されません。健康診断は、本学で実施するものを必ず受診してください。本学の健康診断を受診せず、後に健康診断の必要が生じた場合は、病院で受診することになります。その場合の健康診断については保険適用外ですので、実費での受診が必要です。

 

推薦状

企業の求人票を持参のうえ、学生支援オフィス就職担当者へ申し込んでください。

内定を得た場合

企業から内定(内々定)をもらったら

企業から内定(内々定)をもらったら、全企業を就職担当者に報告しましょう。次の用紙を受け取り、記入後提出してください。

 

<1>「進路(決定・内定)届」

企業からの問い合わせや統計調査への回答に対応するために必要です。「進路(決定・内定)届」は、本学ホームページの入力画面を使って報告することもできます。

 

 

<2>「就職活動報告書」

後輩の就職活動のための資料として使用します。「就職活動報告書」は、手書きの用紙で提出する方法とWordの文書ファイルを送信する方法があります。

 

選考中の企業対応

選考中の企業がある場合、人事担当者に選考を辞退する旨を伝えましょう。辞退を悩む場合は就職担当者に相談しましょう。

内定辞退の方法

学校推薦状で受験している場合や縁故で紹介者がいる場合は、基本的に内定辞退はできません。また自由受験で複数内定が出た場合は、企業に連絡する前に就職担当者に相談しましょう。内定を辞退することは企業から見れば大変な損失です。また、決めた1社に入社した後、取引先になるかもしれません。くれぐれも失礼のないように慎重な態度で臨んでください。

内定を辞退するには直接会ってお詫びをするのが誠実な方法です。まず電話で人事担当者に連絡をして、内定辞退の旨を伝えます。その後、「来られる必要はありません」と言われたらお詫び状を封書で出します。電話だけだと「言った」「言わない」とトラブルになる可能性があるため、書面で確実に伝わるようにしておきましょう。

 

内定が取り消されたら

経営悪化などを理由に、企業側の都合で内定が取り消されるケースがまれにあります。そのような事態に陥ったら、必ず就職担当者に報告し、対策について相談するようにしましょう。