HOME > キャリア・就職支援 > 公務員・教員希望者へ > 公務員の仕事について

公務員の仕事について

種類

国家公務員 国家公務員は、各省庁や裁判所などの国家機関に所属し、国民全体にかかわる仕事を行います。
地方公務員 地方公務員は、地方公共団体に勤務し、その地域に密着した行政サービスなどを行います。

※「公務員=安定している」というイメージがあり、毎年多くの学生が公務員試験を受験します。しかし、受験資格を満たせば社会人も受験できるため、競争率はかなり高くなっています。公務員を目指すのであれば、早めの情報収集と採用試験対策が必要です。

公務員の仕事は?

公務員の仕事は、多岐に渡ります。官公庁や部署、職種によっても大きく異なります。ここでは大きく3つの分野について簡単に紹介します。

 

行政系 公務員を代表する職種です。デスクワークが中心となりますが、「人」を相手にする業務が多いため、対人コミュニケーション能力が求められます。部署によっては地域住民と近い距離で業務を行うこともあるため、「サービス業」と言っても過言ではないでしょう。
技術系 電気、土木、建設、機械関係など専門技術を要する仕事に携わります。専門分野だけでなく、行政全体を見渡せる幅広い視野が求められます。
保安系 社会(あるいは地域)の安全と平和を守る仕事に携わる職種です。
地方公務員:警察官や消防官など
国家公務員:刑務官、皇宮護衛官、海上保安官、自衛隊(陸・海・空)など