HOME > 生涯教育・地域貢献 > 公開講座 > 札幌大学公開講座

札幌大学公開講座

札幌大学では、地域に開かれた大学を目指し、教育研究上の成果を広く地域住民の方々に還元することを目的に公開講座を開設しています。

平成29年度札幌大学公開講座

『地域創生入門』

4月12日(水)~7月26日(水)の期間、全15回にわたり「地域創生入門」授業公開講座を開講します。

本講座は本学の1年生を対象に開講している「地域創生入門」にて、多方面から講師の方をお招きし、全ての授業を地域の方も受講できる授業公開講座としています。

 

※この講座は道民カレッジ連携講座に認定されています。

※受講申込が定員に達したため、申込受付を終了しております。

 

日程 講師 テーマ
第1回(4/12) 本間 雅美(札幌大学教授) 地域共創力とは何か
第2回(4/19) 本間 雅美(札幌大学教授) 大学と地域との連携(共創の理論と実践1)
第3回(4/26) 本間 雅美(札幌大学教授) 大学と地方との連携(共創の理論と実践2)
第4回(5/10) 出合 祐太(札幌大学特命講師) "Locals, go global!"(共創の理論と実践3)
第5回(5/17) 本田 優子(札幌大学教授) 私が描く地域創生
第6回(5/24) 上田 文雄
(前札幌市長・弁護士)
「創造都市さっぽろ」とその魅力
第7回(5/31) 河治 和香
(歴史時代小説作家)
分かれ目は、なんだろう
第8回(6/7) 落合 周次
(日本旅行北海道社長)
可能性は超一流の北海道
第9回(6/14) 上島 信一
(北海道コカ・コーラ監査役・元CSR担当役員)
地域創生に企業を巻き込む・・そのやり方
第10回(6/21) 羽山 ひの木(札幌三越店長) 七転八起で社会(組織)を活きる
第11回(6/28) 佐藤 のりゆき
(ブロードキャスター)
地域も人間も、創生はまずは自立から。そこで豊かに生きるとは
第12回(7/5) 高堂 理
(北海道ブランド研究所長・前電通北海道社長)
北海道ブランドはコミュニケーションで創る
第13回(7/12) 磯田 憲一
(北海道文化財団理事長・元副知事)
"君の居場所は ここにあるからね"~「君の椅子」の12年~
第14回(7/19) 大西 雅之
(鶴雅グループ代表)
地域づくりと北海道観光
第15回(7/26) 中田 美知子
(札幌大学客員教授・元FM北海道常務)
昭和に輝いた地域メディア ラジオの可能性を探る

【問い合せ先】札幌大学インターコミュニケーションセンター:SUICC TEL:011-852-9138

 

『学生発案型授業~パラリンピック概論』(札幌大学寄附講座)

5月24日(水)~7月19日(水)の期間、全8回にわたり札幌大学寄附講座「学生発案型授業~パラリンピック概論」を開講します。

学生発案型授業とは、本学の教育改善活動(FD活動)における、「学生参加型FD(授業改善)」の取り組みのひとつであり、その一環の中で開講されることになったのが、「パラリンピック概論」です。

さらに、本学が2015年10月に「2020オリンピック・パラリンピック東京大会に向けて~北海道パラリンピックの最前線~」と題した講演会を開催したことを受け、「北海道オリパラの会」からの寄附による札幌大学寄附講座として2016年度から開講されています。

受講料は無料ですが、事前申込が必要となりますので、受講を希望される方は、下記内容をご確認のうえお申し込みください。

 

日程・曜日講時 5/24~7/19までの水曜5講時(16:20~17:50) ※6/7は除く
場所 札幌大学3号館3102教室 ※4講時の授業終了後の入室となります
定員 30名
担当教員 瀧元 誠樹(札幌大学スポーツ文化専攻 教授)
メイン講師 荒井 秀樹 氏(日本障害者スキー連盟 パラノルディックスキー日本代表チーム 監督)
授業概要 「パラリンピック」をテーマにして、障がい者スポーツに関する基礎的な知識を学び、パラリンピアンをゲスト講師に迎えて実態について聴き、「パラリンピック」の意味と課題について考え、自ら行動する力を得られるように取り組んでいく。
受講者 本学学生、一般市民・道民、企業研修生
寄附者 北海道オリパラの会(「2020東京オリパラの成功を支援する北海道の会・2026冬季オリパラの招致を目指す北海道の会」)
申込締切・方法 開講日の2日前までに、往復ハガキ・Eメール・FAXのいずれかで、下記事項をご記入のうえお申し込みください。
1.「パラリンピック概論受講申込」 2.郵便番号 3.住所 4.氏名(フリガナ) 5.年齢 6.電話番号 7.道民カレッジ受講生は「カレッジ 番号」
申込・問い合わせ先 〒062-8520 札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1
札幌大学インターコミュニケーションセンター:SUICC パラリンピック概論担当
TEL:011-852-9138 〈9:00~17:00(土・日・祝日を除く)〉
FAX:011-856-8268 Eメール:suicc@ofc.sapporo-u.ac.jp

【開講講座】

日程 講師 テーマ
第1回(5/24) 永瀬 充 パラスポーツの魅力と普及
第2回(5/31) 荒井 秀樹
村上 光輝(日本ボッチャ協会強化指導部長)
ボッチャの魅力と普及
第3回(6/14) 荒井 秀樹 パラスポーツの環境
第4回(6/21) 永瀬 充 パラスポーツとメディア
第5回(6/28) 荒井 秀樹 パラリンピックとアクセシビリティ
第6回(7/5) 吉田 栄次
(社会福祉法人クピド・フェア理事長)
パラスポーツを支える事業(仮)
第7回(7/12) 荒井 秀樹 パラリンピックを支援する企業の取り組み
第8回(7/19) 荒井 秀樹 2020年東京大会、2026年札幌招致に向けて

平成28年度札幌大学公開講座

『世界の文学から~日本、北海道とのかかわりを交えながら~』

11月25日(金)から12月9日(金)の毎週金曜日、全3回にわたり、札幌大学公開講座を開催します。

「世界の文学から~日本、北海道とのかかわりを交えながら~」と題し、ロシア文学、英米文学、フランス文学を取り上げ、日本や北海道とのかかわりを中心に概観します。

受講料は無料ですが、事前申し込みが必要です。また、この講座は道民カレッジ連携講座「教養コース3単位」に認定されています。

 

主催 札幌大学
会場 札幌大学 6号館1階 6102教室
時間 各回 16時30分~17時30分
講義内容 『世界の文学から~日本、北海道とのかかわりを交えながら~』

【第1回 11月25日(金) ロシア文学より】
 「日本文学におけるロシアの影:北海道とのかかわりを中心に」
   講師:鈴木 淳一教授(札幌大学地域共創学群)
【第2回 12月2日(金) 英米文学より】
 「英米文学と北海道の風景:原生自然と田園のイメージの系譜」
   講師:豊里 真弓教授(札幌大学地域共創学群)
【第3回 12月9日(金) フランス文学より】
 「フランス文学に描かれた日本:都市、人、文化の表象を時代ごとにたどる」
   講師:田中 恒寿准教授(札幌大学地域共創学群)
申込期間 平成28年11月21日(月)必着
申込方法 往復ハガキ・FAX・Eメール
【記載事項】
1.「公開講座申込 」、2.住所、3.氏名(フリガナ)、4.年齢、5.電話番号、
6.道民カレッジ受講者は「道カレ手帳番号」を記入して下記まで申し込みください。
申込・問合せ先 〒062-8520
札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1
札幌大学 SUICC内『公開講座』担当
Eメール:suicc@ofc.sapporo-u.ac.jp
TEL:011-852-9138〈9:00~17:00(土・日・祝日を除く)〉 FAX:011-856-8268

『地域創生入門』(タナカメディカルグループによる寄附講座)

2016年度は、本学の1年生を対象に開講している「地域創生入門」にて、多方面から講師の方をお招きし、第4回から第14回までの計11回を地域の方も受講できる公開講座とします。

第4回から第9回までは、北海道の第一線で活躍する企業の経営者の方々や、上田前札幌市長を講師にお迎えし「地域創生にかかわる様々な取り組み」をテーマに実施します。 第10回から14回までについては、タナカメディカルグループの寄附講座となっており、医療、介護の現場から講師をお招きし、「地域社会における介護と看取り」をテーマに講演していただきます。

なお、この講座は道民カレッジ連携講座に認定されています。受講料は無料ですが、参加には事前申込が必要となりますので、ご希望の方は下記をご確認のうえ、お申し込みください。

 

日程 4/27~7/13までの水曜3講時(13:00~14:30)
場所 札幌大学 2号館1階 2107教室
受講料 無料
定員 各回50名
道民カレッジ単位 ・第4回(4/27)~第9回(6/8):ほっかいどう学コース 1単位
・第10回(6/15)~第14回(7/13):健康・スポーツコース 1単位
申込期限 各講座開催日の2日前まで
申込方法 往復ハガキ・FAX・Eメール
《記載事項》
1.公開講座申込 2.住所 3.氏名(フリガナ) 4.年齢 5.電話番号 6.道民カレッジ受講者は「道カレ手帳番号」を記入して下記まで申込みください。
申込み・問合せ先 〒062-8520 札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1
札幌大学 学術交流オフィス SUICC内『公開講座』担当
Eメール:suicc@ofc.sapporo-u.ac.jp
TEL:011-852-9138〈9:00~17:00(土・日・祝日を除く)〉
FAX:011-856-8268

【開講日程】

日程 講師 テーマ
第4回(4/27) 本田 優子(札幌大学教授) 私が描く地域創生
第5回(5/11) 落合 周次(日本旅行北海道社長) 可能性は超一流の北海道
第6回(5/18) 上田 文雄(前札幌市長) 「創造都市さっぽろ」とその魅力
第7回(5/25) 糸川 一也(モエレ沼芸術花火開催委員会委員長) 市民力による地域創生
第8回(6/1) 長沼 昭夫(きのとや代表取締役会長) スイーツの力と街づくり
第9回(6/8) 大西 雅之(鶴雅グループ代表) 地域づくりと北海道観光
寄付講座
第10回(6/15) 田村 麻由美(株式会社ティ・エム代表取締役) 遺体修復の現場から考える生と死
第11回(6/22) 岡田 しげひこ(理学療法士) 楽で安心、新しい介護−道新コラム『しげひこのこれは助かる』筆者 による実演指導!−
第12回(6/29) 武田 純子(有限会社ライフアート代表取締役) グループホーム福寿荘~認知症の介護と看取り~(仮)
第13回(7/6) 宮本 礼子(江別すずらん病院 認知症疾患医療センター長) 年をとれば当たり前、認知症~誤解と偏見からの脱却~
第14回(7/13) 宮本 礼子(江別すずらん病院 認知症疾患医療センター長) 自然死が当たり前の欧米事情

※このプレスリリースのダウンロードはこちら↓

地域創生入門公開講座(1.5M)

 

『学生発案型授業~パラリンピック概論』(札幌大学寄附講座)

4月6日(水)〜7月20日(水)の期間、全12回にわたり、札幌大学寄附講座「学生発案型授業~パラリンピック概論」を開講します。

学生発案型授業とは、本学の教育改善活動(FD活動)における、「学生参加型FD(授業改善)」の取り組みのひとつであり、その一環の中で開講されることになったのが、「パラリンピック概論」です。

さらに、本学が昨年10月に、「2020オリンピック・パラリンピック東京大会に向けて~北海道パラリンピックの最前線~」と題した講演会を開催したことを受け、「北海道オリパラの会」からの寄附による、札幌大学寄附講座として開講されることになっています。

事前申込は不要ですので、受講を希望される方は、下記内容をご確認のうえお越しください。

 

日程・曜日講時 4/6~7/20までの水曜5講時(16:20~17:50)
場所 札幌大学3号館3102教室 ※4講時の授業終了後の入室となります
担当教員 瀧元 誠樹(札幌大学スポーツ文化専攻 教授)
メイン講師 荒井 秀樹 氏(日本障害者スキー連盟 パラノルディックスキー日本代表チーム 監督)
授業概要 「パラリンピック」をテーマにして、障がい者スポーツに関する基礎的な知識を学び、パラリンピアンをゲスト講師に迎えて実態について聴き、「パラリンピック」の意味と課題について考え、パラリンピックを実現できる社会づくりのため自ら行動する力を得られるように取り組んでいく。
受講者 本学学生、一般市民・道民、企業研修生
寄附者 北海道オリパラの会
問い合わせ 瀧元 誠樹研究室 TEL:011-852-9099

【開講講座】※第6回、第8回、第15回は本学学生のみ対象となります。

日程 講師 テーマ
第1回
(4/6)
荒井 秀樹・瀧元 誠樹 パラリンピックを考える意義
第2回
(4/13)
荒井 秀樹・瀧元 誠樹
ゲスト:河合 純一
パラリンピアンを取り巻く環境
第3回
(4/20)
荒井 秀樹・瀧元 誠樹 企業が取り組むパラリンピック支援
第4回
(4/27)
瀧元 誠樹 アクセシビリティを知る
第5回
(5/11)
瀧元 誠樹 パラリンピックの歴史
第7回
(5/25)
荒井 秀樹・瀧元 誠樹
ゲスト:永瀬 充
パラリンピックの魅力(冬季スポーツ編)
第9回
(6/8)
瀧元 誠樹 障がい者スポーツとは何か
第10回(6/15) 瀧元 誠樹 障害とは何か
第11回(6/22) 瀧元 誠樹 Sports For Allについて考える
第12回(6/29) 荒井 秀樹・瀧元 誠樹
ゲスト:在札Jr2名(予定)
札幌の未来のパラリンピアンたち 選手発掘の道
第13回
(7/6)
荒井 秀樹・瀧元 誠樹 リオ・パラリンピック、ここに注目する。新競技カヌー、知的障がい者種目など
第14回(7/13) 荒井 秀樹・瀧元 誠樹
ゲスト:池崎 大輔(予定)
ウィルチェアーラグビー、リオで金メダルを狙う

平成27年度札幌大学公開講座

『オリンピック・パラリンピックから考える―文化・生きる力・マネジメント』

11月11日(水)~12月2日(水)の期間、全4回にわたり、札幌大学公開講座を開催します。
「オリンピック・パラリンピックから考える―文化・生きる力・マネジメント」と題し、オリンピック・パラリンピックを、単なるスポーツ競技の祭典として楽しむのではなく、私たちの社会生活や文化活動に大きな影響を与えている事象としてとらえられるよう、歴史・文化・選手サポート・マネジメントの側面から問題提起していきます。

 

主催 札幌大学
会場 札幌大学 1号館2階 1201教室
時間 第1回・第2回 13時00分〜14時30分
第3回・第4回 14時40分〜16時10分
講義内容 『オリンピック・パラリンピックから考える―文化・生きる力・マネジメント』

【第1回 11月11日(水)】
「オリンピック・パラリンピックから見える社会の変容」
  瀧元 誠樹(札幌大学地域共創学群スポーツ文化専攻 教授)
【第2回 11月18日(水)】
「文化が果たす役割」
  篠田 信子(富良野メセナ協会代表、2020東京オリンピック・パラリンピック文化・教育委員)
【第3回 11月25日(水)】
「パラリンピック選手の心理サポートを通して学んだ、ありのままの自分を輝やかせるヒント」
  吉田 聡美(スポーツメンタルトレーナー コンディショニング・ラボ代表)
【第4回 12月2日(水)】
「メガスポーツイベントのインパクト」
  金 誠(札幌大学地域共創学群スポーツ文化専攻 准教授)
  束原 文郎(札幌大学地域共創学群スポーツ文化専攻 准教授)
申込期間 平成27年11月9日(月)必着
申込方法 往復ハガキ・FAX・Eメール
《記載事項》
1.公開講座申込 2.住所 3.氏名(フリガナ) 4.年齢 5.電話番号 6.道民カレッジ受講者は「道カレ手帳番号」を記入して下記まで申込みください。
申込・問合せ先 〒062-8520
札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1
札幌大学 学術交流オフィス SUICC内『公開講座』担当
Eメール:suicc@ofc.sapporo-u.ac.jp
TEL:011-852-9138〈9:00~17:00(土・日・祝日を除く)〉
FAX:011-856-8268

『コタンコカムイ(シマフクロウ)が語る北海道の未来』

6月13日(土)に公開講座「コタンコカムイ(シマフクロウ)が語る北海道の未来」を開催します。
アイヌの人々が村の守り神として大切にし、現在は絶滅の危機に瀕しているシマフクロウについて、アイヌ文化研究者の本田優子教授と、シマフクロウ研究者の早矢仕有子教授が講師となり語ります。

受講料は無料ですが、事前申込が必要です。また、この講座は道民カレッジ連携講座「ほっかいどう学1単位」に認定されています。

※当日はオープンキャンパスが同時開催されており、13時までは高校生も受講します。

 

主催 札幌大学
会場 札幌大学 2号館2107教室
時間 12:10〜14:00
講義内容 『コタンコカムイ(シマフクロウ)が語る北海道の未来』
アイヌの人々が村の守り神として大切にし、現在は絶滅の危機に瀕しているシマフクロウについて、アイヌ文化研究者の本田優子教授と、シマフクロウ研究者の早矢仕有子教授が講師となり語ります。
申込方法 ハガキ・Eメール
【記載事項】
1.「6/13公開講座申込」 2.郵便番号・住所 3.氏名(フリガナ) 4.年齢 5.電話番号 6.道民カレッジ受講生は「カレッジ番号」を記入して下記まで申し込みください。
※受講票の送付は行いません。当日お名前をお申し出いただきます。
申込・問い合せ先 札幌大学インターコミュニケーションセンター(SUICC)
〒062-8520
札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1
Eメール:suicc@ofc.sapporo-u.ac.jp
TEL:011-852-9138〈9:00~17:00(土・日・祝日を除く)〉

※このプレスリリースのダウンロードはこちらから↓

20150521_公開講座『コタンコカムイ(シマフクロウ)が語る北海道の未来』.pdf(PDF:348KB)

 

平成26年度札幌大学公開講座

『北海道・地域経済の課題』

11月5日(水)~11月19日(水)の期間、全3回にわたり、公開講座を開催します。

今年度は「北海道・地域経済の課題」と題して、「北海道と物流」、「消費税引き上げによる北海道内への影響」、「北海道とロシア」についてみなさんと共に見つめます。

受講料は無料ですが、事前申込が必要です。また、この講座は道民カレッジ連携講座「ほっかいどう学4単位」に認定されています。

 

主催 札幌大学
会場 札幌大学 6号館6102教室
時間 16:30〜18:00(開場 16:00)
講義内容 『北海道・地域経済の課題』
地域が主体性を持って経済的・社会的・文化的に地域間協力関係を作り上げていくことが期待されています。私たちの住む北海道の地域経済の課題をみなさんと共に見つめます。

【第1回 11月5日(水)】
 「北海道と物流」 講師:地域共創学群教授 千葉 博正
【第2回 11月13日(木)】
 「消費税引き上げによる北海道内への影響」 講師:地域共創学群准教授 武者 加苗
【第3回 11月19日(水)】
 「北海道とロシア~相手を知る・課題を探る」 講師:地域共創学群教授 大矢 温
申込期間 平成26年10月29日(水)必着
申込方法 往復ハガキ・FAX・Eメール
【記載事項】
1.「公開講座申込 」、2.郵便番号、3.住所、4.氏名(フリガナ)、5.年齢、6.電話番号、
7.道民カレッジ受講者は「道カレ手帳番号」を記入して下記まで申し込みください。
申込・問合せ先 〒062-8520
札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1
札幌大学 SUICC内『公開講座』担当
Eメール:suicc@ofc.sapporo-u.ac.jp
TEL:011-852-9138〈9:00~17:00(土・日・祝日を除く)〉 FAX:011-856-8268

※このプレスリリースのダウンロードはこちらから↓

20140926_平成26年度公開講座.pdf(229KB)

 

平成25年度札幌大学公開講座

『北海道を見つめて~文学・自然体験・観光』

11月13日(水)から11月27日(水)の期間、全3回にわたり公開講座を開催します。

今年度は『北海道を見つめて~文学・自然体験・観光』と題し、北海道を「文学」「自然体験活動」「観光」の3つのテーマで掘り下げ、私たちの住む北海道を地域の方々とともに見つめ、考察します。

受講料は無料ですが、事前申込が必要です(定員100人)。また、この講座は道民カレッジ連携講座「ほっかいどう学4単位」に認定されています。

日 程 演 題 講 師
第1回 11月13日(水) 北海道と村上春樹 山﨑 眞紀子(地域共創学群教授)
第2回 11月21日(木) 北海道と自然体験活動 増田 敦(地域共創学群教授)
第3回 11月27日(水) 北海道と観光 本田 優子(地域共創学群教授)
主催 札幌大学
時間 18:00~19:30
場所 札幌大学 6号館6101教室(豊平区西岡3条7丁目3番1号)
申込期間 平成25年10月22日(火)~11月5日(火)必着
申込方法 ハガキ又はEメールにて、下記の項目を記入の上、お申し込みください。
<記入項目>郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、年齢、性別、電話番号、職業、また、「道民カレッジ」受講生は「道カレ」と記入してください。 申込締切後、受講票をお送りします。
申込・問合せ先 〒062-8520(住所不要)
札幌大学学術交流オフィス SUICC
TEL:011-852-9138 ≪受付時間≫9時~17時(土・日・祝日を除く)
Eメール:suicc@ofc.sapporo-u.ac.jp

※このプレスリリースのダウンロードはこちらから↓

平成24年度札幌大学公開講座

『日本文学 ~「恋」という反体制―平安から現代まで』

『日本文学 ~「恋」という反体制―平安から現代まで』と題し、平成24年11月30日(金)から12月14日(金)まで、全3回にわたり講座を開設します。
受講料は無料ですが、事前申し込みが必要です。定員(100人)を越えた場合は抽選となります。 また、この講座は道民カレッジ連携講座「教養コース4単位」に認定されています。

日 程 演 題 講 師
第1回 11月30日(金) 平安時代の色好みは反体制派―伊勢物語の恋― 田中 幹子(文化学部教授)
第2回 12月7日(金) 恋と文筆―田村俊子の生涯 東京~バンクーバー~上海― 山﨑眞紀子(法学部教授)
第3回 12月14日(金) 大江健三郎作品に描かれる<女たち> 荒木 奈美(文化学部講師)
主催 札幌大学
時間 18:00~19:30
場所 札幌大学 2号館2204教室(豊平区西岡3条7丁目3番1号)
申込期間 平成24年11月7日(水)~11月22日(木)必着
申込方法 官製ハガキに郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、年齢、性別、電話番号、職業を記入し下記まで申し込みください。また、「道民カレッジ」受講生は「道カレ」と記入してください。締め切り後、受講票をお送りします。
申込・問合せ先 〒062-8520
札幌大学運営事業オフィス総務・広報担当 能力開発センター
TEL:011-852-9118

※このプレスリリースのダウンロードはこちらから↓

「第1期パソコン基礎講座」

『Word・Excelの基礎的な使用法の習得を目指す』パソコンの基礎知識、文字の入力、インターネットの利用、情報倫理、メールの利用、Wordの基本操作、文書作成・表作成、Excelの基本操作・表の作成・表の編集等

期間 【火曜日コース】平成23年5月10日~7月26日 (全12回)
【金曜日コース】平成23年5月13日~8月5日 (6/17を除く、全12回)
時間 18:30~20:00(各コース共)
場所 札幌大学 6号館3階 第9情報処理教室(6307)
主催 札幌大学
後援 札幌市教育委員会
定員 各コース43人(応募者多数の場合は抽選)
受講対象 パソコン操作経験のない方。全て出席できる方。
受講料 無料 ※テキスト代(2,730円)のみ実費負担
申込締切 平成23年4月23日(土)必着
申込方法 往復はがきに以下の記載事項・返信先の住所・氏名を明記の上、郵送してください。
1:希望コース(火曜コース・金曜コース) 2:郵便番号・住所 3:氏名・フリガナ 4:年齢 5:性別 6:電話番号 7:「道民カレッジ」受講者のみ道カレ受講と記入

「第2期パソコン応用講座」

Word・Excelの処理ができ、インターネットを使える方。全て出席できる方。講座内容、Word:文書の編集(クリップアート・ワードアートの挿入)、図形描画機能の活用など。Excel:グラフ作成・編集、ワークシートの連携、データベースの利用、表計算機能、ピポットテーブルなど。PowerPoint:プレゼンテーションの作成、図やオブジェクトの挿入と編集、スライドのデザイン設定など。

期間 【火曜コース】平成24年9月25日(火)~12月11日(火)
【金曜コース】平成24年9月21日(金)~12月 21日(金)(10/5を除く)
時間 18:30~20:00(全12回)
場所 札幌大学 6号館 3階 第9情報処理教室(6307)
主催 札幌大学
後援 札幌市教育委員会
定員 各コース42人(応募者多数の場合は抽選)
受講料 無料(テキスト 実費負担(2,730円) ※初回の説明会会場で販売します。)
申込締切 平成24年9月3日(月)~9月13日(木)※必着
申込方法 往復はがきに以下の記載事項・返信先の住所・氏名を明記の上、郵送してください。
1:火曜コース、金曜コースどちらかの希望を記入(両方希望は不可) 2:郵便番号・住所 3:氏名・フリガナ 4:年齢 5:性別 6:電話番号 7:「道民カレッジ」受講者のみ道カレ受講と記入

「第1期パソコン基礎講座」

Word・Excelの基礎的な使用法の習得を目指す。パソコンの基礎知識、文字の入力、インターネットの利用、情報倫理、メールの利用、Wordの基本操作・文書作成・表作成、Excelの基本操作・表の作成・表の編集等

期間 【火曜コース】平成24年5月15日~7月31日
【金曜コース】平成24年5月11日~8月 3日(6/15を除く)
時間 18:30~20:00(全12回)
場所 札幌大学 6号館 3階 第9情報処理教室(6307)
主催 札幌大学
後援 札幌市教育委員会
定員 各コース42人(応募者多数の場合は抽選)
受講料 無料(テキスト 実費負担(2730円) ※初回の説明会会場で販売します。)
申込締切 平成24年4月13日(金)~4月23日(月)※必着
申込方法 往復はがきに以下の記載事項・返信先の住所・氏名を明記の上、郵送してください。
1:火曜コース、金曜コースどちらかの希望を記入(両方希望は不可) 2:郵便番号・住所 3:氏名・フリガナ 4:年齢 5:性別 6:電話番号 7:「道民カレッジ」受講者のみ道カレ受講と記入

平成23年度札幌大学公開講座

『東日本大震災以後の日本社会の展望 ~これからの日本を考える』

東日本大震災の現状と震災発生時におけるさまざまな問題を踏まえつつ、現在日本社会が抱えているタイムリーな課題を取り上げ、その解決を提示し、今後の日本社会を展望します。
この講座は道民カレッジ連携講座「環境生活コース 7単位」に認定されています。

日 程 演 題 講 師
第1回 1月10日(火) 東日本大震災の現場と学生のボランティア 井上 繁夫(文化学部 准教授)、本田 優子(文化学部 教授)、ボランティア学生
第2回 1月17日(火) ボランティアと地域コミュニティの役割 武岡 明子(法学部 准教授)
第3回 1月19日(木) 大震災のマスコミ報道とその課題 池田 正之(文化学部 教授)
第4回 1月25日(水) ケータイが生活を豊かにする~情報ネットワークの活躍と今後 大森 義行(経営学部 教授)
第5回 1月31日(火) 民主政権と危機管理 浅野 一弘(法学部 教授)
主催 札幌大学
後援 札幌市教育委員会
時間 18:00~19:30 (ただし、第2回は、14:40~16:10)
場所 札幌大学 2号館2106教室(豊平区西岡3条7丁目3番1号)
申込期間 平成23年12月13日(火)~12月26日(月)必着
申込方法 官製ハガキに郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、年齢、性別、電話番号、職業を記入し下記まで申し込みください。また、「道民カレッジ」受講生は「道カレ」と記入してください。締め切り後、受講票をお送りします。
申込・問合せ先 〒062-8520
札幌大学運営事業オフィス総務・広報担当 能力開発センター
TEL:011-852-9118

「第1期パソコン基礎講座」

『Word・Excelの基礎的な使用法の習得を目指す』パソコンの基礎知識、文字の入力、インターネットの利用、情報倫理、メールの利用、Wordの基本操作、文書作成・表作成、Excelの基本操作・表の作成・表の編集等

期間 【火曜日コース】平成23年5月10日~7月26日 (全12回)
【金曜日コース】平成23年5月13日~8月5日 (6/17を除く、全12回)
時間 18:30~20:00(各コース共)
場所 札幌大学 6号館3階 第9情報処理教室(6307)
主催 札幌大学
後援 札幌市教育委員会
定員 各コース43人(応募者多数の場合は抽選)
受講対象 パソコン操作経験のない方。全て出席できる方。
受講料 無料 ※テキスト代(2,730円)のみ実費負担
申込締切 平成23年4月23日(土)必着
申込方法 往復はがきに以下の記載事項・返信先の住所・氏名を明記の上、郵送してください。
1:希望コース(火曜コース・金曜コース) 2:郵便番号・住所 3:氏名・フリガナ 4:年齢 5:性別 6:電話番号 7:「道民カレッジ」受講者のみ道カレ受講と記入